近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
小林靖彦資料紹介(46) 「精神病者治療所」(長野2)

長野のつづき。


3)慈光園(救護所、報恩寮)

 大正14年(1925)7月、市有建物の無償譲渡を受けて、上県仏教会(上田、小県の略)が、窮民収容救護所「慈光園」を、新田海禅寺前に創設した。上田市大字上田2341番地であり、定床1名の慈光園監置室は、上田市委託救護所であった。

 昭和9年(1934)4月5日、救護施設「上田市救護所」となる。

 昭和13年(1938)6月1日、「上田市報恩寮」と改称され、20床となる。

 昭和22年(1947)3月31日、救護施設より、生活保護法による養老施設に転用さる。

 昭和30年(1955)12月11日、上田市大字上田原1050番地に、新築工事成り、定床50名となる。

 昭和38年(1963)、老人福祉法による養護老人ホーム「上田市報恩寮」となる。

 昭和49年(1974)9月6日、定床100名の養護老人ホーム「上田市報恩寮」として現存している。


[注:小林の原稿には説明がないが、上田市報恩寮であろう。小林の写真にはタクシーがよく登場する。現地ではタクシーを使って移動したのだろう。]


4)長野市救護所(栗田寮)

 昭和のはじめ、廃止された芹田の避病院(伝染病院)の隔離病舎を譲り受けた西沢周一が、脳病院形式で開設したものに、長野市は救護法による病者を委託収容していた。

 昭和8年(1933)5月3日、この地に「長野市救護所」を新築した。「栗田寮」と称し、定床24名であった。

 昭和22年(1947)3月31日、養老施設として知事認可。

 昭和25年(1950)5月1日、増築されて、定床45名となる。

 昭和28年(1953)7月1日、長水養老院組合事業開始により、栗田寮の老人を同院に収容して、生活保護法による救護施設として事業開始。

 昭和30年(1955)9月1日、既設建物は宿所提供施設犀川荘となり、新築して現在の建物となる。

 昭和32年(1957)6月5日、救護施設(定員50名)として認可。

 昭和33年(1958)4月1日、緊急救護施設(定員50名)として認可。

 昭和39年(1964)4月1日、厚生省の方針により一般救護施設(定員100名)となる。

 昭和43年(1968)4月1日、長野市より、社会福祉法人長野市社会事業協会へ移管される。

 昭和46年(1971)4月1日、定員93人に変更。

 昭和49年(1974)9月6日、長野市大字栗田103番地にあり、寮長は松橋安雄である。


[栗田寮]



(長野の記述はつづく)
 

| 小林靖彦資料 | 13:28 | comments(0) | - | pookmark |
小林靖彦資料紹介(45) 「精神病者治療所」(長野1)

今回紹介する長野の資料は、「精神病者治療所」が書かれた後に、単独の草稿「長野」としてバージョンアップされたものである。
小林靖彦は、長野県にも相当の思い入れがあったようである。
自宅のあった名古屋から適度に近く・適度に遠いので、現地調査のし甲斐があったこともあるだろう。


27.長野

1)信州大学医学部精神医学教室

 昭和19年(1944)4月1日、官立松本医学専門学校設立。精神医学の講義は、名古屋大学教官が出張講義した。

 昭和23年(1948)、大学に昇格。

 昭和24年(1949)、信州大学医学部となる。

 主任教授は、西丸四方(昭和24年〜 年)、原田憲一(昭和 年〜 )である。


(西丸教授)


(信州大学医学部)


2)救護所(昭和寮、松風園)

 明治44年(1911)、松本市は、大字桐の旧民家(松本市大字桐281、元町北183)を使用して、窮民収容室3ヶと精神病者監置室3ヶの「救護所」を設けた。これは、俗に「お助け小屋」と呼ばれて親しまれた。

 昭和5年(1930)3月、大典事業として、現在地に起工し、5月建物が竣工し、7月に移転し、名称を「昭和寮」と改称した。昭和10年(1935)末には、定床12となっている。

 昭和23年(1948)8月、赤痢が発生し、それまで収容していた精神病者を、隔離施設がないため、私立松本脳病院に移送し、収容した。

 その後、精神病者を収容しなくなった。

 昭和25年(1950)4月1日、定床60名の養護施設となり、名称を「松風園」と改称した。

 昭和38年(1963)8月1日、老人福祉法の施行により、養護老人ホームとなる。

 昭和40年(1965)4月1日、定員100名となる。

 昭和42年(1967)7月1日、住居表示の変更により、松本市元町3丁目6-5所在となり、今日に至る。


(松風園)



(長野の記述はつづく)

| 小林靖彦資料 | 12:35 | comments(0) | - | pookmark |
小林靖彦資料紹介(44) 「精神病者治療所」(奈良)

今回は奈良の話である。
奈良といっても奥不動寺の記述のみである。


26.奈良

1)奥不動寺参籠所(磯城郡巻向[まきむく]村)

 巻向山奥不動寺は、真言律宗に属し、西大寺の末寺で、古い歴史を有する寺なりしも、佐伯某なる住職のとき、住職遊興に耽り土地を売り払い出寺、ために無住となる。

 明治39年(1906)植村尊龍によって再興。


(参籠所[注:正しくは、本堂あるいは祈祷所だろう]

 内に参籠所を造り、附近の谷川を利用して滝を造り、加持祈祷、灌水および境内の水を飲用せしめて、精神病者の平癒を祈願した。


(本堂の前の井戸)


(滝)

 また、境内に精神病者保養所「白山荘」を造り、病者を収容した。


(白山荘)

 寺の前に道をへだてて、白山(樹木なく風化せる岩山)あり、よって白山荘と名付けられた。

 一時は25名をも収容し、隆盛なりしも、昭和25年(1950)精神衛生法公布され、昭和29年(1954)県の役人来たり、廃止を命ぜらる。

 入所者の多くは精神病院に移送され、その時懇願して残した5名の病者が、今日も白山荘に収容されております。


(白山)


(白山より白山荘を望む)


(奈良の記述は以上。奥不動寺については本Blogの「奈良県・奥不動寺を訪ねて」を参照。)

| 小林靖彦資料 | 12:05 | comments(0) | - | pookmark |
小林靖彦資料紹介(43) 「精神病者治療所」(福岡)および(山形)

福岡と山形の記述も少ないので、まとめて紹介したい。


24.福岡

1)福岡脳病院(筑紫郡千代町大字千代1383)

 大正7年(1918)7月、創立。敷地千三百一坪、建坪三百三十一坪、収容定員83名で、院長は医学士伊藤勘助、他に医員2名、看護人16名でありました。

 大正8年(1919)、伊藤院長辞職。

 昭和23年(1948)、廃止さる。


2)九州大学医学部精神医学教室

 明治39年(1906)11月、精神病学講座設置。榊保三郎教授就任。(京都帝国大学福岡医科大学)

 明治43年(1910)教室と病棟が落成。


25.山形

1)今神温泉(最上郡戸沢村字長倉)

 今神温泉は、精神病にも著効ありと云う。

 湯は、ぬるく36℃位で、入浴者は、ローソクに火をともし、浴場内に祭る今神三社権現の祭壇に供え、念仏を唱え、桶で湯を頭に20杯かけ、そして静かに湯にひたる。毎日12時間入浴する。2時間入って少し休む。50時間位すると湯かぶれが出来て痛いが我慢して、さらに続け、合計120時間で1クールとすると云う。
(斉藤茂太著「精神科医三代」中央公論社、東京、1971)

 念仏温泉とも呼ばれる。


(今神温泉)


(福岡と山形の記述は以上。なお、『近代日本精神医療史研究会通信』(第13号)に「福岡県の精神医療史」についての記事がある。)

| 小林靖彦資料 | 16:13 | comments(0) | - | pookmark |
小林靖彦資料紹介(42) 「精神病者治療所」(静岡)および(滋賀)

小林資料の「精神病者治療所」の静岡と滋賀については、十分な記載がない。
ただし、静岡については、小林がこの原稿を書いたのちに詳細な調査を行っている。
ここでは、その成果がまだ反映されていないことになる。


22.静岡

1)静岡脳病院(静岡市幸町13)

 大正4年(1915)8月6日、溝口和平が開設。敷地五百坪、建坪百五十坪、収容定員48名であり、院長は玉木為三郎。

 大正11年(1922)和平の婿養子溝口正(大正9年、愛知医専卒)が東大留学より帰り副院長に就任。

 昭和7年(1932)溝口正は、独立して駿府病院を創立。義弟溝口勝朗が静岡脳病院の院主となる。

 昭和20年(1945)空襲で全焼し、患者を駿府病院に移し、廃止された。


23.滋賀

1)水口脳病院
(甲賀郡水口町大字水口5053)

 大正5年(1916)6月1日、水口病院(青木亮貫院長)は、其の敷地内に附属精神病院を新設す。

 敷地二百七十九坪、建坪百十九坪、収容定員30名で、医員1名、看護人6名であった。

 昭和9年(1934)4月6日、水口脳病院開設。

 昭和24年(1949)4月2日、水口病院となり、今日に至る。(甲賀郡水口町本町2-2-43、530床)

 
因みに、水口病院(一般科)は、明治41年(1908)設立されたものであります。


(以上が静岡と滋賀の記述)

| 小林靖彦資料 | 15:51 | comments(0) | - | pookmark |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE