近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
<< 那覇での『夜明け前』上映会とトークセッションなど | main | 東京レトロ・1980年代の精神医療史 (2) 荒川の村田さん >>
東京レトロ・1980年代の精神医療史 (1) はじめに そして わかまつ共同作業所

学部生、大学院生、大学助手として、まるまる1980年代を東京で暮らした。

大学院では、学部とはまったく異なる領域を専門にしてしまったので、最初の関門である修士論文のテーマさがしには(もちろん論文の作成にも)苦労した。

テーマとして最終的に選んだのは、精神障害者の作業所である。

 

80年代当時、都内のあちこちで作業所が開所しはじめており、自分自身も院生をしながら練馬区内の某作業所で週3日くらい働いていた。

しかし、研究のために作業所で働いていたわけではない。

たまたま、大学院の先輩の紹介で、作業所に顔を出しはじめただけである。

指導員という立場で、利用者と一緒に袋張りや箱折りの作業を黙々としながら、日々が過ぎていく。

レクで花見や吟行、一泊旅行などがあれば、それにも行く。

こういう作業や活動のなかに、論文のネタがころがっているわけではない。

なので、修士論文のためには、東京都下の40か所以上の作業所を訪ね歩いてデータを収集したりした(なお、このM論を短くまとめて投稿したのが「東京都における精神障害者共同作業所の変遷とそのあり方について」『日本公衆衛生雑誌』35(5): 255-261, 1988 という、いまから見ればとても稚拙なデビュー論文である)。

 

あれから30年以上が経過した。

90年代はじめには東京を離れ、国内外を転々とし、研究の対象も変わった。

もはや東京の作業所のことは記憶の底に沈んでしまった。

ところが、昨年、呉秀三のドキュメンタリー映画(『夜明け前』)に関連して東京で何回かイベントがあった際に、何人かと80年代の東京の話をする機会があり、なつかしい作業所の話も出てきた。

出てはきたが、東京では作業所の歴史を語ることができる人も、あまりいないということであった。

精神障害者の作業所は、民間のイニシアティブで設立・運営されてきたので、ちゃんとした記録も残っていないのではなかろうか。

そんなことを強く思い、修士論文作成で集めた資料をコアにしながら、「東京レトロ・1980年代の精神医療史」というシリーズで、昔話を紹介していきたい。

 

まずは、鈴木芳次さんの話からはじめたい。

鈴木さんはもともと東京都立松沢病院の管理栄養士として活躍し、全国精神科栄養士懇談会の代表をつとめた。

1977年に出版された『精神疾患 付・神経疾患の食事』(第一出版)という自著のはじめに、「一般の疾病に関する治療食の著書は数多くあるが、精神障害に関する著書は今日まで1冊も刊行されたことはなかった」と記している(なお、この本は東京・小平の社会福祉法人ときわ会・地域生活支援センターあさやけの伊藤善尚氏から贈っていただいた)。

そして、この本の巻頭に、呉秀三のあの有名なフレーズ「我邦十何万ノ精神病者ハ実ニ此病ヲ受ケタルノ不幸ノ外ニ、此邦ニ生レタルノ不幸ヲ重ヌルモノト云フベシ」が掲げられている。

実は、この「二重の不幸」のフレーズを復活させ、世に知らしめるきっかけをつくった人物こそが、鈴木さんなのである。

呉秀三研究の第一人者である岡田靖雄氏は、呉の上記フレーズを含む私宅監置論文(1918年)を、鈴木さんを通じてはじめて知った時のことを次のように語っている。

 

松沢病院の栄養科に、鈴木芳次さんという篤学の栄養士がいた。鈴木さんははやくからコツコツと歴史資料をあつめており、そのなかに呉秀三・樫田五郎『精神病者私宅監置ノ実況』(1918年、内務省本)があった。それを1963年春に吉岡さん(注:吉岡眞二、当時は松沢病院の医師)およびかれ(注:岡田氏のこと)にかしてくださった。それをよむことは、かれにとっておおきな衝撃だった。「此邦ニ生レタルノ不幸」といった過激なことばをはく人が、東京帝国大学教授にいたのだ(…)この論文がわすれられていたことに、日本精神医学の正体をみた気がした。(…)呉秀三先生伝をかく先輩はだれだろうか、と当時おもい、自分がその任にあたるとは思いもおよばぬことであった。(引用は岡田靖雄『吹き来る風に』中山書店、2011年、原文の漢数字はアラビア数字に変更している。)

 

鈴木さんは、松沢病院を退職されたあとと思うが、府中市で精神障害者の作業所づくりに奔走する。

そして、1986年4月1日に市内のアパートの一室を借りて、「わかまつ共同作業所」がスタートした(下の写真)。

同日付の「精神障害回復者のための共同作業所設立趣意書」によれば、「私達、わかまつ会々員は、昭和57年(注:1982年)12月より精神障害回復者及びその家族と共に関係機関のご理解、ご支援をいただきながら患者家族の数々の悩みに取り組んできております」とあるので、「わかまつ会」を母体として作業所設置の準備が以前から行われていたようだ。

この時の「わかまつ会」の会長は、元・松沢病院総婦長の浦野シマさん(で、鈴木さんの妻)である。

 

(是政荘アパート時代の「わかまつ共同作業所」。が、どこが作業所として使われていた部屋かを思い出せない。1986年8月6日撮影)

 

(上の写真と同じアパートの一角と思われる。1986年8月6日撮影)

 

修士論文のデータ集めで都内の作業所めぐっていたわたしが、この「わかまつ共同作業所」を訪れたのは1986年8月6日だった。

作業所開設から4か月くらいがたっている。

鈴木さんが対応してくれたと思うが、80年代のわたしは「はやくからコツコツと歴史資料をあつめて」いたという精神医療史研究者としての「顔」などまったく知らず、普通の「ご老体」にしか見えなかった。

当時のメモによると、8月10日に「わかまつ共同作業所」関係の会合(「わかまつ会 文化センター祭り反省会」)に出席するために、ふたたび府中市に出かけている。

会合では、「東京都から作業所としての認可を得るのに困難を極めていること、しかし、府中市は認可していく方向なので、9月中には都からも認可されるのではないか云々」が話題ででていたようだ。

当時、作業所が法人格をもっていることはほとんどなくて、自治体の補助金(東京の場合は、都と区・市)でなんとか運営されていた。

そのため、行政の認可は死活問題だった。

 

(東京都および府中市から作業所として認可されたあとに発行された『わかまつ作業所 NEWS』第1号)

 

次いで8月19日には鈴木さんから電話があり、作業所の認可に関する愚痴を聞いたりしたが、その後連絡は途絶えた。

翌1987年1月25日に出された『わかまつ作業所 NEWS』第1号によれば、東京都および府中市から作業所として認可されたのである。

ということは、鈴木さんから作業所関係の冊子は送ってもらっていたことになる。

 

鈴木さんと「再会」したのは、彼が書いた京都・岩倉の精神病者保養所の論文をとおしてである。

その論文の存在を知ったのは、2000年ころだったと思う。

だが、もう一度お会いしようとしたところ、鈴木さんは亡くなっていた。

お伺いしたいことが、たくさんあったのに。

| フリートーク | 17:38 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:38 | - | - | pookmark |
コメント
コメントありがとうございます。
どうしようもない記事かと思っていたのですが、コメントで励まされた気がします。
ですので、もう少しこのシリーズで書く気がわいてきました。
| 橋本 | 2019/02/27 5:29 PM |
 精神医療史を盛り上げる橋本先生に敬意を表して書かせていただきます。
 その後「若松福祉会」として大きな発展を遂げています。
 2018年暮れも、後を継いだ鈴木芳次、浦野ひろ子ご夫妻からお話を聞かせていただき、運営のカフェで数回ランチをごちそうになりました。栄養士がいるのがウリで、おいしかった。時代は大きく進歩していると痛感しました。
 確かに戦後、呉秀三を伝えたのは、鈴木先生と思います。
| 金川英雄 | 2019/02/26 3:46 PM |
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE