近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
<< 第21回日本精神医学史学会プログラム | main | 居ても立っても居られず、沖縄。 >>
呉秀三・樫田五郎の私宅監置論文(1918年)から100年目の記念イベント

来る2018年3月3日(土)、有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)で、「メンタルヘルスの集い(第32回日本精神保健会議)“二重の不幸”から100年 〜わが国の精神医療がたどった道とこれから〜」が行われる。

同時に、有楽町マリオン11Fの朝日スクエアAで、展示会「精神病者私宅監置と日本の精神医療史」も開催される。

日本精神衛生会の行事予定のサイトでも見られるが、プログラムは以下のとおり。

 

プログラム


午前の部(10:00〜12:00)

 

・主催者挨拶

・来賓挨拶


・映画 夜明け前―呉秀三と無名の精神障害者の100年―(予告編上映)

 

・対談 日本の精神科医療における呉秀三先生の業績
  岡田靖雄 青柿舎(精神科医療史資料室)
  橋本 明 愛知県立大学教育福祉学部教授

  紹介 広瀬徹也 公益財団法人日本精神衛生会監事

 

午後の部(13:15〜16:00)
 
・フォーラム

 “二重の不幸”から100年 〜わが国の精神医療がたどった道とこれから〜

 

シンポジスト

 樋口輝彦 国立精神・神経医療研究センター名誉理事 日本うつ病センター理事長

 山本輝之 成城大学法学部教授

 田中秀一 読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員

 山本深雪 認定NPO法人大阪精神医療人権センター副代表

 柏木一惠 公益社団法人日本精神保健福祉士協会会長
指定討論

 平川淳一 一般社団法人東京精神科病院協会会長

 本條義和 公益社団法人全国精神保健福祉会連合会理事長
コーディネーター

 夏苅郁子 やきつべの径診療所

 藤井克徳 日本障害者協議会代表
総合司会

 池田真理 東京女子医科大学教授


展示会(9:30〜18:00 朝日スクエアA)
精神病者私宅監置と日本の精神医療史

 

以上

| おしらせ | 10:27 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE