近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
<< プラハの夏、またはチェコ精神医療史的紀行 | main | リバティおおさか(大阪人権博物館)での「精神医療の歴史と私宅監置」展 >>
新刊『明治・大正期の科学思想史』

近日中に金森修編『明治・大正期の科学思想史』が勁草書房から刊行される。

執筆に関わったことから、一般に出回る前に手元に届いた。

宣伝を兼ねて、この本をごく簡単に紹介したい。

 

 

本の帯にあるように「金森修が構想、執筆者を集めた最後の書。明治以降の我が国の科学思想史を通覧する三部作、ここに完結」。

「三部作」というのは、すでに刊行されている『昭和前期の科学思想史』(2011年)と『昭和後期の科学思想史』(2016年)を念頭に置いているからである。

 

内容(章 [執筆者])は以下の通り。

当初は金森氏の章が入る予定だったが、氏が2016年5月に逝去されたため、それはかなわなかった。

 

第一章 国民と実学──「啓蒙」と「戯作」の交点[金子亜由美]
第二章 山川健次郎の科学思想と尚武主義──物理学・社会学・富国強兵[夏目賢一]
第三章 横井時敬の農学[藤原辰史]
第四章 明治・大正期の地理的知──朝鮮半島の地誌と旅行記をめぐって[米家泰作]
第五章 宇宙と国粋──三宅雪嶺のコスミズム[奥村大介]
第六章 帝國大學と精神病学と精神病者──明治・大正期における精神病治療思想の系譜[橋本明]
第七章 天変地異をめぐる科学思想──関東大震災と科学啓蒙者たちを中心に[中尾麻伊香]
第八章 千里眼は科学の分析対象たり得るか──心理学の境界線をめぐる闘争[一柳廣孝]

 

以上。

| おしらせ | 22:18 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
CATEGORIES
499
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
  • 管理者ページ
  • SPONSORED LINKS