近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
<< 第21回日本精神医学史学会開催のお知らせ | main | プラハの夏、またはチェコ精神医療史的紀行 >>
オックスフォードの研究会 “Alcohol, Psychiatry and Society”

以前このブログでオックスフォードの記事を書いた。

その時と同じ場所(St Anne's College, Oxford)で、この6月29日・30日に小さな研究会があった。

テーマは、"Alcohol, Psychiatry and Society"である。

 

(会場のセミナールーム)

 

「アルコール依存の歴史や文化に関する演題があったら抄録を送って」という主催者のメールに応えて、とにかく何かを送ることにした。

それが2ヶ月くらいまえのこと。

かなり昔のことだが、グループワーカーなどという怪しげな立場で、東京23区内の某保健所が定期的に開催する「断酒教室」のお手伝いをしたことがある。

また、毎夜毎夜、都内のどこかで、必ずや開かれている断酒会の例会を、(研究上の目的で)1ヶ月間にわたって転々と巡ったこともある。

だから、アルコールのネタがないわけではない。

 

当初は、きわめて日本的なセルフヘルプグループと考えられる断酒会、およびそれに先立つ明治・大正期の啓蒙的な禁酒運動(いわゆるtemperance movement)などをつなげて抄録を作った。

が、主催者より、もっと医学的な治療を前面に出してほしいとの要望があり、結局、第二次世界大戦後の薬物治療や精神病院での社会復帰プログラムの歴史を加味したものへと変更することになった。

 

他の登壇者のタイトルについては、かなり直前になって届いたプログラムで知ったわけだが、その中で自分の扱う時代が一番新しいようだった。

また、研究会当日の発表を聞いて、アルコール依存の医学的理解(medicalization)に関する歴史的文脈、アルコール問題と国家や政治あるいはコロニアリズムとの関わり、などについての内容が多かったと感じた。

他方、わたしの日本における薬物治療の話は、いったいどう受けとめられたのか……と、やや怪訝に思うのである。

 

ま、それはともかく、参考までに登壇者、所属、およびテーマは以下のとおりである(これらは事前のプログラムを参照したものであり、当日の内容には若干の変更があった)。

 

David Korostyshevsky, History of Medicine, University of Minnesota, USA

“From Aqua Vitae to Poison: The early-modern transformation of alcohol in the Anglo-phone world”

 

Aude Fauvel, History of Psychiatry, Institut universitaire d’histoire de la médecine et de la santé publique, University of Lausanne, Switzerland

“Alcoholic Beasts: Alienists and the Problem of Animal Drunkenness in Nineteenth-century France”

 

James E. Moran, History, University of Prince Edward Island, Charlottetown, Canada

“Alcohol and Alienation in New Jersey, c. 1810 to 1890”

 

Mauricio Becerra Rebolledo, History of Science, CEHIC, Universitat Autónoma de Barcelona, Spain

“From nervous food to powerful agent of degeneration: Alcoholism and alcoholic psychosis in Rio de Janeiro and Santiago de Chile (1870-1920)”

 

Jasmin Brötz, History, University of Koblenz-Landau, Germany

“Healing the Nation’s Mind. The fight against alcoholism in the public discourse on rationalisation in late nineteenth and early twentieth- century Germany”

 

Simon Heap, History, Oxford Brookes University, UK

“ ‘In the Hot and Trying Climate of Nigeria the European has a Much Stronger Temptation to Indulge in Alcohol than the Native’: Alcoholism in Nigeria, c. 1880 to 1940”

 

Iain D. Smith, Consultant Addiction Psychiatrist, NHS GGC and Researcher, Centre for History of Medicine, University of Glasgow, UK

“ ‘Finish’ Drinking and ‘Secret Cures’: A Snapshot of Alcohol, Psychiatry and Society in Scotland in 1895”

 

Konstantinos Gkotsinas, History, University of Crete, Rethymnon, Greece

“ ‘Disciples of Asclepius ‘or ‘Advocates of Hermes’? Greek psychiatrists and alcohol at the turn of the twentieth century”

 

Adéla Gjuričová, History, Institute of Contemporary History, Czech Academy of Science, Prague, Czech Republic

“A Cradle of Psychotherapy: Alcohol addiction treatment in Socialist Czechoslovakia, 1948-1989”

 

Christian Werkmeister, History, Martin Luther University, Halle Wittenberg, Germany

“ ‘Doctor, now from face to face, answer quick: Will there be a diagnosis, or rather a verdict?’ Medical, moral, and political treatment of alcoholics in late Soviet psychiatry, 1970-1991”

 

Nina Salouâ Studer, History, University of Bern, Switzerland

“Assimilation by Alcohol: The role of France’s Mission Civilisatrice in the spread of alcoholism in twentieth-century Algeria”

 

Akira Hashimoto, History of Psychiatry, Aichi Prefectural University, Japan

“Medical and Social Approaches to Alcoholism in Post-WWII Japan”

 

Thomas Mueller, History of Psychiatry, Ulm/Ravensburg, Germany

“German psychiatry and medical attitudes to alcohol consumption, c. 1820-1990”

 

以上である。

 

(St Anne's College 内にある食堂の朝食が8時からと遅いので、近くをぶらぶら散歩。ともかく、ヒースロー空港とオックスフォードをバスで往復しただけの、とても短い旅行だった。)

| フリートーク | 00:24 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:24 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE