近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
<< (続報)第6回「私宅監置と日本の精神医療史」展 in 東京 | main | 台湾精神医療史紀行 >>
(続々報)第6回「私宅監置と日本の精神医療史」展 in 東京

2016年9月9日および10日に、東京都立松沢病院での展示会の第2ピリオドが開催され、今回の「私宅監置と日本の精神医療史」展の日程はすべて終了した。

展示日程は4日間と短かったが、記帳ノートの名前を数えると、少なくとも300人以上の来訪があったようだ。

とくに最終日の9月10日は土曜日で、来訪者数はピークだった。

かなり遠方からの来訪者がいて驚いた。

懐かしい人たちとの再会もあった。

これはわたし個人のことだけではなくて、会場の様子から察するに、この展示会がそれぞれの人の出会い・再会の場を提供していたのではないか。

また、多くの人が、展示会場のあるリハビリテーション棟の隣にある松沢病院の資料館にも足を運んだはずで、精神医療史を満喫できたのではないかと思う。

 

(2016年9月10日午前10時30分スタートのギャラリートーク)

 

ところで、隣にある松沢病院の資料館に入会する際に、名前や住所を記入する見学申込用紙がある。

そこに資料館見学後の感想を書いて、退館時に提出することになっている。

ところが、「私宅監置」展の感想だと勘違いして資料館に提出されたものがいくつかあって、あとから資料館側からそのコピーをもらった。

これは結構おもしろかった。

それを読むと、わたしがギャラリートークで意図した内容が、来訪者にうまく理解されているようでホッとした(逆に、ギャラリートークには参加していない人の感想は、人権論のみを強調するステレオタイプの「私宅監置」観のように読めた)。

 

(リハビリテーション棟の中庭が見える「パソコン室」[といってもパソコンは撤去されている]を会場の休憩室にしていた。)

 

(最終日の午後4時すぎから、レンタルしたパーテーションと照明の撤去作業を開始。)

 

(業者の人がパーテーションを解体して、外に運ぶ。会場を設営するときは半日くらいかかったが、撤収はあっという間に終わった。)

 

最後になったが、松沢病院での展示会を訪れたすべての方々に感謝することはもちろん、ボランティアで展示会のお手伝い(準備・受付・片付け・広報宣伝など)をしていただいた私の友人・知人とそのまた友人・知人の方々には格段のお礼を申し上げたい。

| 挑戦的萌芽研究 | 23:06 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:06 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
CATEGORIES
499
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE