近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
<< 清水寺・音羽の滝(京都):『水治療法史』 その5 <新シリーズ・小林靖彦資料 102> | main | 正中山法華経寺(千葉):『水治療法史』 その6 <新シリーズ・小林靖彦資料 103> >>
ぼっけえ、きょうてえ岡山県の精神医療史―木野山神社調査

「虎将軍に勝つのは狼さん、か。一ぺん役場で木野山神社まで詣るかのう」
「しゃあけど木野山神社は上房郡だか川上郡だかじゃで。そねぇな遠くまで行くんか」
 虎列刺の別名が虎将軍で、高梁の木野山神社が使い神を狼としているのは弘三も知っていたが、その後に彼らが妙な笑いとともに口にした女の名前は知らなかった。

   岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』(角川書店、1999年)所収の「密告函」より

いきなり小説の引用からはじまった。
著者の岩井志麻子は岡山県出身で、短編「ぼっけえ、きょうてえ」(「とても、怖い」を意味する岡山の方言)で第6回日本ホラー小説大賞を受賞している。
この小説を含む同名の短編集『ぼっけえ、きょうてえ』に収められた「密告函」の一節に、上記のごとく木野山神社が登場し、それが今回のブログの舞台なのである。

木野山神社とは何なのか。
まずは、神社(奥宮)境内に設置された看板をご覧あれ。


(2014年2月28日、橋本撮影)

ここで注目したいのが、効能として病気平癒、「特に流行病、精神病」という記述である。

さて、私が最初にこの神社の名前を知ったのは、内務省衛生局『精神病者収容施設調』(昭和4年7月末現在)である。
この中の「精神病者ヲ主トシテ収容スル神社・寺院・瀑布・温泉其他保養所」というカテゴリーの、岡山県のところに「上房郡津川村 木野山神社」が掲載されている。

ちなみに、私も編者の一人として関わっている『精神障害者問題資料集成 戦前編』(六花出版、2011年)の第8巻には、内務省/厚生省が大正・昭和期に行った7つの『精神病者収容施設調』が復刻されている。
だが、木野山神社を挙げている「昭和4年7月末現在」のものが、なぜか欠落してしまっている。
これ以外の『精神病者収容施設調』には、この神社は載っていないのである。

ネットで調べた限りでは、精神病治療に関係があるらしいことはわかったが、精神医療史的には全く未踏の神社と言ってよい。
今年の研究費はまだ少しあり、しかも会計年度末も近い。
岡山県の精神医療史は、自分にとってはまだ手薄感ある。
そんなわけで、とるものもとりあえず岡山へ。

JR伯備線の木野山駅から歩いて数分で、木野山神社に到着。
下の写真は木野山のふもとにある木野山神社の「里宮」である。
山頂には「奥宮」がある。
大正時代の伯備線の開通にともなって「里宮」がつくられ、その後は「里宮」がメインになったようだ。


(木野山神社の参道)

その「奥宮」が気になったので、「里宮」の脇から山頂に通じる山道を歩く。
2kmあまりの行程のようだから大したこともなかろう、と最初は余裕だった。


(木野山神社の「奥宮」へ向かう道)

ところが、これが、そう楽でもない。
結構苦しくなったところで、前方を歩く集団が。
幼稚園の先生と園児の散歩らしい。
軽々と山を登る子供らには負けられないと、気持ちだけは立て直す。
園児は途中までで引き返すようで、
「どうして山を歩いているんですか?」という園児の質問を浴びながら、
私一人山頂をめざす。


(だいぶ標高も上がってきたが、「奥宮」はまだまだ)

下の方から聞こえていた「ヤッホー」「ヤッホー」という園児の絶叫も途絶え、
なおも、歩いて、歩いて、汗だくになり、山頂の「奥宮」に到着。
社殿以外に更地が多いが、かつては建物があったに違いない。

境内には狼の像が何体もあった。
岡山に限らず、精神病治療と狼信仰とは深い関係にある。


(「奥宮」では狼の像が向かい合っていた)

少し休んで、下山する。
もう一度、木野山神社の「里宮」に行き、宮司さんからお話を伺った。
明治初年にこの地方でコレラが流行し、それをまぬがれんとする参拝者であふれた、というのが病気平癒に効能ありとされた由来らしい。
加えて、狼を祀っていることも関係がある。
冒頭の『ぼっけえ、きょうてえ』は宮司さんのお勧めなのだが、コレラを象徴する虎を退治するのは狼であった。
精神病についても、狼は重要である。
狐憑きの「狐」の「大敵」が狼なのである。
狐憑きの発祥は山陰地方と言われている。
木野山神社は地理的に「裏日本」と直結している。
かつては「奥宮」の参籠所に多くの精神病患者が宿泊し、加持祈祷が行われていたという。

| プチ調査 | 15:59 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE