近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
<< 『精神医学史研究』 Vol.17 no.1 (2013) | main | 第17回日本精神医学史学会の演題募集 >>
オックスフォードでの会議を終えて


(St. Anne's College の会議会場)

2013年6月26日〜27日にオックスフォードのSt. Anne’s Collegeで行われた国際シンポジウム "Therapy and Empowerment – Coercion and Punishment" に参加した。
いかめしいタイトルだが、平たく言えば「作業療法の歴史」の会議である。
参加者は20数名と小規模だが、逆にそれ故に実に濃密な二日間だった。
英語圏・ドイツ語圏の参加者が中心で、OT(作業療法士)関係の人が半分、広義の歴史研究者が半分という感じ。


(会議の様子)

最初に参加の誘いがあったとき、作業療法とはまるで縁がない私、なので発表するネタがあるはずがないと思っていた。
が、よくよく考えてみると、縁がないわけでもない。
それどころか、大有りだ。
近代日本の精神医療史のなかで、作業療法は一つのジャンルである。

そもそもわが国の作業療法は、精神科ではじまったといってよい(これは欧米でも同じようだ)。
なかでも、戦前の東京府立松沢病院の加藤普佐次郎らによる「土木作業」(将軍池と加藤山づくり)はあまりに有名である。
(もっとも、会議の参加者の一人から、この土木作業の経済的なメリットは何かと問われて、答えに窮した。思えば、病院の作業は常に労働・搾取と結びついていたわけだが、この松沢の土木作業はどう位置づけられるのか。そもそも「作業療法」と言えるのか。単に、この作業経験をネタに博士論文を仕上げることになる加藤の趣味に、患者がつき合わされていただけなのか。もちろん、結果として、美しい「日本庭園」になったというメリットはあったかもしれないが。)

戦前はともかく、戦後の(あえて精神科とは限定しない)作業療法の歴史がよくわからなかった。
そこで、この国際シンポジウムでの発表ネタのためにいろいろ調べてみると、戦後日本の作業療法の世界には興味深い歴史があることがわかった。

とくに重要と思われた事項は、国立武蔵療養所で始められた「生活療法」、国家資格としての理学療法士と作業療法士の養成のためにわが国最初に創設された「リハビリテーション学院」、日本精神神経学会が反対した作業療法の診療報酬点数化、であった。

加えて、興味深いのは「作業療法理論」である。
アメリカ直輸入の理論からはじまって、日本から発信された「川理論」(「川」はriverのこと)なるものまで。

そんなことをまとめて発表したわけだが、英語圏(イギリス、アイルランド、オーストラリア)のOTの人からは、「来年は横浜で作業療法士の世界大会がある」と参加を強く勧められた。
5千人くらいが参加する、4年に1回のすごい会議らしい。

二日間の会議の締めくくりとして、Oxford Brookes University の図書館に皆で移動した。
イギリスで最初の作業療法士の養成学校である The Dorset House の資料が保存されているという。


(Oxford Brookes University の図書館。OT関係の資料が置かれていた。)

最後におまけ。
会議が終わって、やっとオックスフォード見物をした。
適当に歩いてたどりついたのが、Christ Church。
Church とあるが、オックスフォード大学の有力なカレッジのひとつである。
入場料を払って中へ。
Hall に入ると、どこかで見たような感じ。
『ハリー・ポッター』の魔法学校の食堂のモデルになったという(『地球の歩き方』によれば)。
さらに、あのルイス・キャロル(または、Charles Dodgson)が、ここで学び、教え、住んでいたという。


(Christ Church の The Hall)

| フリートーク | 15:47 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:47 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE