近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
<< 東京調査 | main | 近現代精神医療史ワークショップ >>
宇都宮病院の旧「入院案内」

今でこそ精神科病院の検索はネットで行うのが主流かもしれないが、かつては紙媒体による案内(パンフレット)が重要な役割を果たしていたに違いない。

先日、東京の烏山病院を訪れた際に、そこで勤務する旧知のIさんから宇都宮病院の昔の「入院案内」を見せてもらった。

周知のごとく、栃木県の宇都宮病院といえば、昭和59年の朝日新聞のキャンペーン「宇都宮病院事件」の舞台となり、看護職員による患者リンチ死事件で知られる「悪名高き」精神病院である(少なくとも「かつては」と言うべきか)。

そういう目でこの「入院案内」を見ると、それなりの感慨もある。
よく保存されていたものである。




三つ折りの病院案内の裏側(というか内側)の上部三分の一くらいは、以下のようになっている。



それによると、

directed by
Dr. T. Hirahata
Dr. B. Ishikawa

の下にスタンプで、

顧問 秋元波留夫
顧問 武村信義

と押されている。
Dr. B. Ishikawa とは、後に「宇都宮病院事件」に関わって逮捕された院長の石川文之進であろうし、顧問の2人は言わずと知れた東大医学部の関係者である。

「入院案内」でこの2人の名前を顧問として掲げることで、当然ながら病院の権威・信用を高める効果を期待していただろう。
朝日新聞は「宇都宮病院事件」を暴露したあと、この病院と東大医学部との関係についても報じている(昭和59年5月26日、朝刊)。

| 資料解題 | 11:20 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:20 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE