近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
<< アクセス | main | シリーズ日本精神医学新風土記 >>
小林靖彦資料

                                                               
 日本の精神医療の歴史をある程度調べたことがある人ならば、小林靖彦(1919-2007年)の名前をどこかで見たことがあるだろう。『日本精神医学小史』(中外医学社、1963年。古本市場では「貴重本」だろうか)という精神医療史のパイオニア的な業績がある。また、『現代精神医学体系・1A・精神医学総論機戞蔽羯浬馘后1979年)のなかの「日本精神医学の歴史」の著者としてもっとも知られているかもしれない。

 だが、ある時から精神医療史研究から身を引いたものと思われ、忽然と学界から姿を消した。付き合いがあったと思われる研究者に尋ねても、その消息を知る人はだれもいなかった。

 それが、2年くらい前のこと。ひょんなことから自宅(いまは空き家)を知り、その家に残された小林氏の膨大な資料を閲覧する幸運に恵まれた。ご遺族に小林氏の業績を話すと驚かれ、空き家を探索することを快諾されたのである。

 上の写真は、空き家になった小林家の中である。ある時期の小林氏は、毎週のように各地を旅し、膨大な資料を集めた。その資料(写真やパンフレット、コピー)の一部は、「写真アルバム」に几帳面に整理されている(上の写真のように、本棚にはアルバムがぎっしり)。すでに存在しない「精神病治療に関わる建物」など、私のような精神医療史研究者にとっては、びっくりするような貴重な資料ばかりであった。

 そこで、大学院生の小林さん(親戚ではない、偶然名前が同じ)の助けをかりて資料を整理することにした。院生の小林さんは、この資料を使って修士論文を仕上げたので、以下の学会で発表することになったのである。

***第111回日本医史学会総会・学術大会***
       日時:2010年6月12日〜13日
       場所:茨城大学水戸キャンパス

 なお、小林靖彦資料に関する発表は、12日の15時〜16時のセッションで行われる。発表者の小林ひとみさんの演題は「小林靖彦の資料研究―ミクロの視点から見た日本の精神医療の歴史」である。都合のつくかたは、ぜひおいでください。

| 資料解題 | 14:45 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:45 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE