近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
京都での「私宅監置と日本の精神医療史」展を終えて

少し前の話になってしまったが、先月末(2017年3月31日)をもって京都での展示会は終了した。

まずは、関係者、協力者、そして見学者の方々には、お礼を申し上げたい。

 

3月25日、26日、31日には、ギャラリートークを行った。

過去の展示会では、見学者に展示室内を移動してもらい、ポスターの前で説明を行ってきた。

だが今回は、パワーポイントを使って画像を壁に投影する方式の説明に変えた(下の写真を参照)。

こうすれば、移動する必要はない。

 

(2017年3月31日午後2時からのギャラリートーク)

 

また、会場の「ひと・まち交流館 京都」の作品展示コーナーでは、パーテーションを(上から見て)凵 の形に配置した。

この3面からなるパーテーションの高さも幅も十分な大きさがあったので、すべての展示物をわりと間隔を空けて貼ることができた(下の写真を参照)。

 

(展示会場の様子、壁の2面)

 

なお、日本展示学会の学会誌『展示学』の最新号(54号、2017年2月28日発行)に、「私宅監置と日本の精神医療史」展(ただし2016年開催分)の記事を掲載してもらった(下の写真を参照)。

同誌の「2016年の展示」の一覧に、”精神医療ミュージアム移動展示プロジェクト「私宅監置と日本の精神医療史」展”として紹介されている(p.47)。

 

(日本展示学会の学会誌『展示学』54号の表紙)

 

さて、以前のブログで、「私宅監置と日本の精神医療史」展も、今回の京都の展示会で一区切りと書いた。

ところが、つい最近のことだが、某所から次なる展示会開催の要請をいただいた。

ということで、この展示会シリーズはしばらく続くだろう。

| 挑戦的萌芽研究 | 23:29 | comments(0) | - | pookmark |
reminder:京都での「私宅監置と日本の精神医療史」展

あす(2017年3月22日)から京都で「私宅監置」展が開催されます。

きのう、会場の ひと・まち交流館 京都 で準備作業を行ってきました(下の写真)。

以下に開催要領を再掲します。

京都にお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

 

////////

精神医療ミュージアム移動展示プロジェクト 8
私宅監置と日本の精神医療史

 

会期
2017年3月22日(水)〜31日(金) いずれも午前10時から午後4時まで。

 

会場
ひと・まち交流館 京都  1F 作品展示コーナー

〒600-8127 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1

 

アクセス
市バス 4, 17, 205 系統 「河原町正面」下車

京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分

地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分
 

ギャラリートーク

3月25日(土)、26日(日)、31日(金)の午前11時および午後2時から、担当者が展示の解説をします。

 

主催 近代日本精神医療史研究会(代表 橋本明 愛知県立大学) 入場は無料です。

 

(展示準備中の 1F 作品展示コーナー)

| 挑戦的萌芽研究 | 11:17 | comments(0) | - | pookmark |
京都での「私宅監置と日本の精神医療史」展

来る2017年3月22日から31日まで、京都で「精神医療ミュージアム移動展示プロジェクト 8」として「私宅監置と日本の精神医療史」展を開催します。

2014年11月のソウルでの第1回目からはじまって、足かけ4年の移動展示プロジェクトでした。

とても多くの方々からのサポートがあって、続けることができました。

この場をかりてお礼申し上げます。

展示内容については、今回がひとつの区切りと考えています。

会場である「ひと・まち交流館 京都」は、京都駅や東本願寺からも近いところにあります。

春の京都観光などのついでに、是非お立ち寄りください。

 

開催要領

 

/////////////

精神医療ミュージアム移動展示プロジェクト 8
私宅監置と日本の精神医療史

 

会期
2017年3月22日(水)〜31日(金) いずれも午前10時から午後4時まで。

 

会場
ひと・まち交流館 京都  1F 作品展示コーナー

〒600-8127 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1

 

アクセス
市バス 4, 17, 205 系統 「河原町正面」下車

京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分

地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分
 

ギャラリートーク

3月25日(土)、26日(日)、31日(金)の午前11時および午後2時から、担当者が展示の解説をします。

 

主催 近代日本精神医療史研究会(代表 橋本明 愛知県立大学) 入場は無料です。

 

なお、以下のチラシ(pdf ファイル)はここからダウンロードできます。

表示されたURLをクリックして、案内にしたがってください。

 

| 挑戦的萌芽研究 | 15:48 | comments(0) | - | pookmark |
岡山での私宅監置写真展および精神医療史ミニ探訪

1月8日(日)から2月12日(日)までカイロス(〒700-0022 岡山市北区岩田町5-7)の2階の「精神資料室」で、私宅監置写真を展示している(ただし火曜・水曜はお休み)。

1月7日にセットアップのために岡山に行き、同日午後に同会場で行われたカイロス主催の「精神医療今昔放談会」(2カ月に1回開催、出演:大森文太郎氏 [万成病院名誉院長]、山本昌知氏 [元・こらーる岡山院長]、司会:阪井ひとみ氏)に先立って、パワーポイントを使って私宅監置展示写真の解説をした。

この解説(with PowerPoint)は、最終日の2月12日の午後1時からも行う。

もし岡山駅周辺に来られることがあれば、カイロスまで足を運んでいただければ幸いである。

 

(「精神医療今昔放談会」でのパワポ)

 

(カイロス2階の「精神資料室」)

 

なお、来る3月下旬に、今度は京都で「私宅監置と日本の精神医療史」展を開催する予定である。

いずれこのブログで詳細をお知らせしたい。

 

ところで、今回岡山に来たついでに、同地周辺の気になる場所を訪ねることにした。

1931(昭和6)年5月20日現在の内務省衛生局の『精神病者収容施設調』には、岡山県の精神病に関わる「神社瀑布等ノ保養所」として、吉岡稲荷(赤磐郡竹枝村)が挙げられている。

「竹枝村」は、現在の岡山市北区建部町の大田地区だという。

これまでの調査で、吉岡稲荷そのものは特定できていないが、大田にある天降布勢神社、天津神社、日吉神社という3つの神社になにか手がかりがないかと考えた。

これらの神社は、国道484号線に沿う感じで、不思議なくらい近接して建っている。

 

翌朝、岡山駅から7時発の津山線に乗る。

小雨模様で、あたりはまだ暗い。

およそ40分で最寄の福渡駅に到着。

ここもカイロスと同じ、岡山市北区に属している。

岡山市はとんでもなく広いようだ。

 

(JR津山線・福渡駅)

 

最寄と言っても、神社までは6kmくらいある。

これくらいなら歩けるが、昼前までに岡山にもどらねばならない。

津山線の列車も1時間に1本くらいしかないので、あまり時間的な余裕がない。

少なくとも、往路はタクシーで行くことにした。

タクシーの運転手は「神社めぐりですか?まあ、そういうお客さんは、結構いますよ」と言うので、まあ、神社めぐりということにしておいた。

距離的には一番遠い、天降布勢神社のあたりで降ろしてもらった。

1,620円。

鳥居をくぐって、参道を進み、社殿が見えてきたと思ったら、低い柵が前途を阻む。

どうやら立ち入り禁止らしい。

 

(天降布勢神社)

 

次いで、集落の細い道を行き、天津神社に到達。

ここはちゃんと整備されており、神社としての「現役」感があった。

 

(天津神社周辺。鳥居の向こうに国道484号線。)

 

(天津神社)

 

さらに集落を抜けて、日吉神社へ。

急階段を登っていくと、途中に動物よけ(?)の電線があって、行く手をさえぎる。

ここも、進入禁止か。

 

(日吉神社の参道)

 

結局、吉岡稲荷の手がかりは見つからなかった。

もう少し文献学的調査が必要であろうし、時間があったら近隣住民に「聞き込み」もしたらいいのだが、それもできなかった。

次回以降の課題としたい。

それにしても、小雨のせいか、休日の朝のせいか、誰ひとり歩いている人に出会わなかった。

 

復路は福渡駅まで歩くことにした。

1時間くらいで着くだろう。

 

(福渡駅に向かう途中の建部トンネル。長さ580mくらい。)

 

写真を撮りつつ、スタスタ歩いたら、予定よりだいぶ早く駅に着き、9時半くらいの岡山行きの列車に乗ることができた。

2両編成の車内は結構混んでいた。

 

(ふたたび福渡駅にもどった。)

| 挑戦的萌芽研究 | 09:59 | comments(0) | - | pookmark |
私宅監置写真展 in 岡山

今年に引続いて、来年(2017年)も岡山のカイロスでイベントを行うことになりました。

今回は「私宅監置写真展」と銘打って、精神病者私宅監置関連の写真とその解説にしぼった展示です。

これは、2016年9月の東京都立松沢病院での「私宅監置と日本の精神医療史」展で展示されたものの一部で、前回のカイロスの展示会(2016年1月〜2月)ではまだ登場していなかったものを含んでいます。

1階のカレー屋さんで昼食をとるついでに、 2階の「精神資料室」の和の雰囲気にひたりながら、展示をご覧いただければ幸いです。

 

開催要領

 

会期:2017年1月8日(日)〜2月12日(日) 午前9時から午後5時まで、ただし毎週火曜日・水曜日はお休み。入場は無料です。
※なお、同会場で1月7日(土)の午後2時から4時まで「精神医療今昔放談会」が行われ、その一部で「私宅監置写真展」の簡単な説明をします。この会の入場料(1ドリンク付き)は、一般1,000円、カイロス会員500円です。

 

会場:カイロス(〒700-0022 岡山市北区岩田町5-7) 2階「精神資料室」

 

アクセス: JR岡山駅東口より徒歩約5分


ミニ講義: 1月8日(日)および最終日の2月12日(日)の午後1時から、担当者が「私宅監置写真展」に関する1時間程度の講義をします。


主催:愛知県立大学 教育福祉学部 橋本明研究室
協力:株式会社 かいしゃ(代表: 阪井ひとみ)
お問い合わせ:愛知県立大学・橋本明(aha@ews.aichi-pu.ac.jp

 

なお、以下のチラシをダウンロードする場合は、ここに表示されたURLをクリックしてください。

 

 

| 挑戦的萌芽研究 | 12:16 | comments(0) | - | pookmark |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
  • 管理者ページ
  • SPONSORED LINKS