近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
学会ふたつ 鹿児島と藤沢

去る6月にふたつの学会に行った。

学会開催からはだいぶ時間がたってしまったが、精神医療史にかかわること(かかわらないこと)などをダラダラ書き連ねたい。

 

(徒歩で城山を登り、展望エリアから桜島をのぞむ。)

 

ひとつめは、鹿児島で行われた日本医史学会である。

学会自体は土・日の2日間だが、金曜日に役員の集まりがあり、日曜日が私の演題発表だったから、必然的に2泊3日の旅となった。

その演題は「明治初期の宗教政策と精神病者収容施設」というもの。

だが、近年この学会では「精神」関係の演者がほとんどおらず、発表中はどうも場違い感が漂っていた(という気もした)。

 

ま、それはともかく、戦前の精神病者収容施設については、これまでややこだわりをもって調査してきた。

「精神病者収容施設」は、広義には精神病院から私宅監置室まで、すべての施設(設備)を含むだろう。

が、ここでは精神病院でも私宅監置室でもない、公立または民間による精神病者を収容する施設としておく。

 

鹿児島の精神病者収容施設といえば、「下御領精神病者収容所」である。

菅修の論文「本邦ニ於ケル精神病並ビニ之ニ近接セル精神異常者ニ関スル調査」(『精神神経学雑誌』第41巻第10号、1937年)の附録では、「精神病者収容所」としてリストアップされている。

設立は大正12(1923)年3月、住所は鹿児島市草牟田町4220番地(上記論文には誤植があり、「草年田」になっている)、代表者は下御領義威とある。

鹿児島大学医学部の精神科教授だった佐藤幹正は、この収容所について「市内草牟田の城山に通じる歩道の傍には、私宅に監置の余地のない家庭の患者のために、数個の監置室を設けた、私設の精神病患者の預り所が建っていた」と回想している(鹿児島県立鹿児島保養院『創立五十周年記念誌』1982年)。

 

実は2006年2月に、この収容所の跡地を訪ねたことがある。

また、鹿児島県立図書館で収容所を含む当地の精神医療史の文献調査もした。

その時のことは、鹿児島県の精神医療史に関する他の文献から引用したこの収容所の記述もふくめて、拙著『精神病者と私宅監置』(六花出版、2011年、pp.113-116あたり)で紹介している。

 

ただ、まだ調べ足りないこともあった。

それは、下御領精神病者収容所を経営していた、下御領義威および下御領家のことである。

前回の調査では、代表者・下御領義威の弟・下御領義盛は地元では名の知れた歌人で、「兄が経営していた精神病院を引き継ぎ、戦後は山を売って暮らした」(『郷土人系 下』南日本新聞社、1970年)ということまではわかった。

彼が引き継いだ収容所は、地元では「精神病院」と認識されていたらしい。

ただ、兄・義威のことは不明。

 

 竹柄杓つくりて病養へる人の言い値にて山の竹売る

 

これは、弟・義盛が病人との一場面を歌いこんだもののようである。

 

(もうすぐ午前9時、鹿児島県立図書館で開館を待つ。)

 

今回、学会の合間に再び鹿児島県立図書館を訪れ、『下御領義盛歌集』(日本文芸社、1964年)を閲覧した。

下御領義盛の甥にあたる桃北好澄という人物が書いた巻末の説明によると、

 

下御領義盛(1901−1963)は、鹿児島県日置郡伊集院町に生まれ、のちに鹿児島市草牟田町に転住、ここで生を終った。(…)体躯が堂々としていた割に、病気勝ちであったので、しばらく小学校の代用教員などを勤めたほかは、社会の表面にあって立ち働らくということができなかった。もっとも、昭和のはじめ家業の精神病院をついだので、生活的には何の不自由もなかったわけであり(…)

 

というように、ここでも「精神病院」と記述されている。

が、戦後まもなくこの家業を廃し(おそらく、精神病院などの施設以外への患者収容を禁じた、1950年の精神衛生法の影響が大きかっただろう)、「もっぱら作歌と囲碁を楽しんで過ごした」という。

上記の佐藤幹正が書く「数個の監置室を設けた、私設の精神病患者の預り所」と、桃北が書く「生活的には何の不自由もなかった」「家業の精神病院」とでは、両者のイメージがだいぶ違う。

おもに貧困精神病者を預かっていたと思われる下御領家の「家業の精神病院」が、そんなに儲かっていたとは思えないが…

いずれにせよ、兄・義威のことはわからないままである。

 

ところで、鹿児島県立図書館あたりをぶらぶらしていたら、「向田邦子居住跡地」という観光案内があったので見に行くことにした。

鹿児島市による案内板の説明は次のとおり。

 

向田邦子は1929(昭和4)年、東京に生まれました。29歳で初めてテレビ台本を執筆。「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などホームドラマの傑作を次々と生み出し、人気シナリオライターとなりました。その後、46歳のとき、エッセイ『父の詫び状』を執筆したのをきっかけに小説も手がけ、1980(昭和55)年、連作短編小説『思い出トランプ』の中の「かわうそ」など3編により直木賞を受賞しました。しかし、翌年、台湾を旅行中の飛行機事故により、51歳で突然この世を去りました。

向田は父の転勤により、10歳のときに一家でこの地に移り住み、思い出深い2年余りを過ごしました。「故郷の山や河を持たない東京生れの私にとって、鹿児島はなつかしい『故郷もどき』なのであろう」(「鹿児島感傷旅行」『眠る盃』)とエッセイに書き残しています。

 

なるほど。

居住とはいえ、2年余りか…

とは思ったが、明治維新に関わる志士らゆかりの史跡なら山ほどあるなかで、異彩を放つスポットと評価するべきか。

 

(居住跡地というより、墓標に見えるが。)

 

話変わって、ふたつめの藤沢の学会。

「精神医療とは、そもそも何なのか」というシンポジウムが、日本社会臨床学会で行われるという。

この学会の会員ではないが、事前に関係者から今回の学会の冊子をもらっていた。

その一節には、あるシンポジストの「…私はフロイトやクレペリン、日本では呉秀三等、社会病理を個人病理にする精神医学の無力さ、犯罪性を知ったのである。だからといって私は反精神医学派ではない」という文言があった。

呉秀三の「犯罪性」を語る人は、あまりいないんじゃないのか。

これは面白そうだ。

しかも、会場はお寺の中らしい。

行くしかないだろう。

 

上記シンポジウムは午後からで、午前中は鎌倉へ。

ちょうど、あじさいの季節で、気がついたら明月院をめざしていた。

だが、北鎌倉駅で下車した直後から、いやな予感がした。

というのは、すでに駅のホームから人の渋滞がはじまっており、明月院まで延々と人の列がつづいた(自分もその構成員のひとりなのだが)。

やっと入口付近まで到達。

拝観料を払う手前で、中に入るのをあっさりとあきらめた。

あじさい鑑賞どころではない。

あじさいの数よりも、人の頭の数のほうが多そうだった。

 

(北鎌倉の明月院の入口付近。人の流れに逆らって、もどる。)

 

北鎌倉でもうひとつ確かめたい場所があった。

明月院の入口手前から、左手の道を365歩進めばたどり着くという喫茶店がある。

北鎌倉駅から明月院までの喧騒が、まったくうそのような静かな場所にある。

 

(明月院から365歩の喫茶店)

 

たしか大学院生の頃、1980年代の後半に来たのが最後。

その店がいまはどうなっているのかを確かめたかった。

あいにくこの日は閉まっていたが、店主はご健在のようだ。

 

こうして、北鎌倉に用はなくなったので、藤沢に向かった。

来る前は、この街の印象はとても薄かったが、実際に駅を下りればいろいろ発見がある。

とくに、「旧東海道・藤沢宿」という視点からは、イメージが広がる。

広重の東海道五十三次「藤澤」には、手前に鳥居、その後ろに橋、さらに奥に大きな寺が描かれている(興味のある方は、検索して「藤澤」をご覧あれ)。

鳥居は江の島弁財天への入口で、江の島道への分かれ道(下の写真は江の島への道標に関する案内である)。

橋は大鋸橋(だいぎりばし)。

そして、この「藤澤」に描かれた寺こそ、学会の会場である遊行寺(ゆぎょうじ)だったのである。

 

(「江の島道・江の島弁財天道標」に関する案内板)

 

上の写真の案内を通り過ぎて、さらに進むと橋があり、その先に時宗総本山・清浄光寺(しょうじょうこうじ)の総門があった。

ここが、通称・遊行寺である。

 

(時宗総本山の清浄光寺の総門、通称は遊行寺。)

 

総門をくぐりぬけて、ゆるい坂を登って行くと本堂があり、一遍上人の像も建っている。

だんだん雨も激しくなってきた。

学会の会場は、本堂に向かって左手奥の大書院。

 

(遊行寺内の会場案内に従って、大書院へと進む。)

 

会場の大書院は、当然ながら畳敷き。

机と椅子も少しはあったが、多くの人は座布団席である。

登壇者席と客席とは一体化し、「村の寄り合い」のような状況でシンポジウム「精神医療とは、そもそも何なのか」が始まった。

ごく大雑把にまとめてしまうと、近現代の精神医学/精神医療が内包している諸問題が提起され、それに対する批判的な検討が行われたということだろう。

精神医療批判「原理主義」的な話になるのかもしれないと、やや身構えていた(期待していた)のだが、シンポジウムの内容はむしろ正統な精神医療批判ではなかったかと思う。

後半の、フロアも交えた討論には出られなかったのは、残念であった。

| フリートーク | 09:48 | comments(0) | - | pookmark |
ドキュメンタリー映画『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年』の試写会に参加して

きのう東京の新橋駅近くのスペースFS汐留で、『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年』の試写会があった。

会場は満席(というか満席以上)。

自分としては、最前列で完成した映画をただ見ればいいのだから、これほど気楽なことはない。

と、思っていたら、上映前に関係者による壇上でのスピーチ・タイムがあるという。

え?聞いてないぞ…

つまり、試写会の何たるかをまるで理解していなかった、ということなのだろうが。

 

(会場で配られた冊子やチラシ)

 

とりあえず、6月2日(土)〜8日(金)に、アップリンク渋谷で緊急特別上映が決定したという。

ただし、タイムテーブルは、5月下旬に劇場HPにアップされるようだ。

内容については見ていただくほかないし、映画だから見てもらわなければ意味がない。

これから各地で上映会を開かれることになると思う。

| フリートーク | 17:27 | comments(0) | - | pookmark |
那覇で開催された私宅監置写真展をふりかえる

すでに旧聞に属する話かもしれない。

メディアでも、SNS上でもかなり話題になっていた、沖縄の私宅監置の写真展。

先月、4月21日、那覇の沖縄県立博物館・美術館で開かれていた同展を見に行った。

翌22日には、同会場の講堂で開かれた「シンポジウム&映像上映」にも参加した。

 

(4月22日の沖縄県立博物館・美術館。この日は雷雨になった。)

 

4月21日、名古屋から沖縄へ。

那覇空港からゆいレール。

旭橋駅近くのホテルにチェックインをして、会場まで徒歩で行く。

1時間弱。

会場は撮影禁止だったので、残念ながら当日の様子の写真はない。

ただ、入口で配られていた小さなパンフレットには、展示写真の一部が掲載されており、コンパクトな解説がつけられている。

それによると、「これらの写真の多くは、1964年に東京から派遣医として沖縄に来ていた岡庭武氏が撮影したもの」である。

当時の写真と並べて、現在の様子を撮影した写真もいくつかあったが、わずかに残骸が確認できる程度である。

 

しかし、現存する監置小屋もある(これについては、このブログでも紹介した)。

展示室の中央に、この監置小屋のレプリカ(原寸の80%大)が設置してあり、見学者は中に入ることができる。

なかなかおもしろいアイディアである。

沖縄県立芸術大学の学生が製作したものだという。

素材はベニヤ板だが、表面がグレーに塗られ、ブロックづくりの監置小屋の雰囲気がよくでている。

 

レプリカの周りには、何枚かの写真と説明書きが貼られていた。

この監置小屋に1952年から1966年まで監置されていた、Tさんに関わるものである。

Tさんが財布のなかに大事にしまっていたという発病前の10代のセルフ・ポートレートや、かつて自分が入っていた監置小屋をバックに写されたもの、晩年にサンタクロースの衣装をまとって撮影された写真もあった。

そのTさんは昨年夏に89歳で亡くなった。

 

会場でうろうろしていたら、沖縄の知り合いの人に誘われて、夕方から飲みに行くことになった。

 

(地元の人に連れられて、ゆいレールの安里駅にほど近い栄町の飲み屋街へ。まさにディープな那覇。)

 

4月22日。

午後から「シンポジウム&映像上映」。

映像上映とは、1972年5月15日の沖縄復帰にあわせて放映されたという TBS の番組の一部である。

日本各地で私宅監置の資料や遺構をあれこれ探してきたが、患者やその家族の様子をカラー映像で見たのはもちろん初めてだ。

衝撃的だった。

また、今回の企画のために、元・公衆衛生看護婦(現在の保健師にあたる)の方が、記憶をたどってかつて私宅監置室があった場所を尋ねる、という興味深い映像もあった。

 

シンポジウムでは、さまざまな背景をもつ登壇者たちが、私宅監置あるいは私宅監置から想起される精神医療の過去と現在について語った。

帰りの飛行機の時間の関係で、最後まで聞けなかったのが心残りである。

ただ、数日後に、この企画を詳細に報じてきた地元紙・沖縄タイムスの記事(連載「『座敷牢』の闇で 私宅監置を考える」など)を同社の記者の方から送ってもらった。

その記事で「私宅監置シンポ詳細」を確認するとともに、私宅監置をめぐる沖縄の受けとめられ方の一旦を知ることができた、と思う。

| フリートーク | 10:16 | comments(0) | - | pookmark |
東京・有楽町マリオンでの展示会などを終えて

おととい(3月3日)、呉秀三・樫田五郎による私宅監置論文が刊行されてからちょうど100年が経つのを記念して、東京の有楽町マリオン(11Fの朝日ホールおよび朝日スクエアA)で記念行事が行われた。

そもそもこの行事の主催者である公益財団法人日本精神衛生会の源流は、呉秀三の主唱により1902年に設立された精神病者慈善救治会にある。

したがって、日本精神衛生会がこの記念行事を行うのは自然の流れだったというべきかもしれない。

呉秀三の孫にあたる、ふたりの呉さんも参加された。

驚くほど気さくな方々だった。

 

さて、わたしに与えられたミッションはふたつ。

ひとつは、午前中に朝日ホールで行われた岡田靖雄先生との対談「日本の精神科医療における呉秀三先生の業績」である。

お互い、相手の手の内はだいたいわかっているつもりであり(わたしの勝手な思い込みかもしれないが)、事前に内容と時間の調整もしたのだが、いざ話をはじめてみるとなかなかシナリオどおりにはいかない。

対談の内容は、いずれ日本精神衛生会の機関誌『心と社会』にまとめられるだろうから、ここでは省略したい。

 

さて、もうひとつのミッションが、朝日スクエアAでの展示会「精神病者私宅監置と日本の精神医療史」である。

わたしのなかの位置づけでは、2014年のソウルからはじめた移動展示「私宅監置展」の続きで、これが10回目にあたる。

2015年に開催したワセダ・ギャラリーでの展示会に来られた日本精神衛生会の役員の方の提案で、今回の展示会につながった。

 

以下が展示会場の写真である。

会場に入ると、いきなり拘束衣をまとったマネキンが出迎えてくれる。

前後から見られるように、部屋の真ん中に配置した。

部屋の壁沿にあるパネルは、リバティおおさか(大阪人権博物館)での展示会で使用したものを再利用している。

 

(朝日スクエアAでの展示会の様子。中央に拘束衣をまとったマネキン。)

 

今回の展示会のために、東京都立松沢病院が所蔵している昔の物品を借りることができた。

これまでは、いわば「門外不出」だっただろうから、画期的なことといわねばならない。

上の写真にある拘束衣も松沢物品のひとつである(ただし、いつごろ使われていたものかは、はっきりしない)。

下の写真にある拘束具も同様に松沢物品である。

 

呉秀三が、松沢病院の前身である東京府巣鴨病院で手枷・足枷などの拘束具の使用を撤廃したことはよく知られている。

呉は著書『我邦ニ於ケル精神病ニ関スル最近ノ施設』(1912年)のなかで、さまざまな種類の拘束具を写真で紹介している。

これらはみな「諸方面より蒐集したるもの」(p.145、原文は漢字カナ文)と述べているから、すべてが巣鴨病院に由来するものではないようだ。

そこで紹介されている拘束具の一部は下の写真とよく似ている。

おそらく当時集められたものが、松沢病院で受け継がれてきたということだろう。

 

(東京都立松沢病院所蔵の拘束具)

 

さらに、今回の展示では岡田靖雄先生および小峰研究所の所蔵品も出品された。

呉秀三に関わるものだけではなく、明治期より前の「お宝」資料も展示された。

 

(手前から陶山尚迪『人狐辨惑談』[1818年]、土田獻『癲癇狂経験編』[1819年]、いずれも岡田靖雄氏蔵)

 

ところで、松沢病院から借り受けた拘束衣をマネキンにどう着せるかで、すこし紆余曲折があった。

最初は、下の写真のように、ごく普通に着せてみた。

 

 

だが、拘束衣らしい着せ方のほうがいいのでは、ということで試行錯誤がつづく。

やはり、手がすっぽり入る長い袖を後ろで縛るのではないかと、下の写真のように着せてみた。

 

 

だが、ネットで調べてみると、襟(えり)を合わせるのは前ではなくて、後ろ、つまり背中のほうで合わせるのが普通らしい。

また、両腕は後ろではなくて、前、つまりお腹のほうで縛るようだった。

そこで、襟を背中で合わせて、両腕を前で拘束したのが下の写真である。

 

 

たぶん、こういう形だっただろうということで、この記事の最初に示した写真のようなポーズをとって、来訪者を迎えることになった。

あとから調べてみたところ、呉の『我邦ニ於ケル精神病ニ関スル最近ノ施設』(1912年)にも拘束衣の着せ方の記述があった。

それによると「縛衣と称して厚き布を以て製し、袖を長くしたる短衣あり。之を患者をして穿たしめ腰辺りに縫付たる双紐を以て腹部を締め、猶両長袖手より先へ一尺二尺も延びたるを其侭體軀幹に纏ひ結びたる」(p.137、原文は漢字カナ文、句読点を加えた)とある。

なかなか読みづらいが、「腹部を締め」とあるので、両腕を前にする形で固定するように読めるのだが、どうだろうか。

| フリートーク | 15:15 | comments(0) | - | pookmark |
韓国の法律家と日本の精神医療法制について語り合う。

2014年11月にソウルで行った「私宅監置と日本の精神医療史」展の来訪者の一人、S先生が通訳をともなって私の大学研究室を訪れた。

韓国の研究財団から研究費をもらって日本を訪れた目的は、何人かの研究者と会って精神医療や患者の人権などについて意見交換をすることだという。

訪問前にメールで送られてきた「質問内容」は、私の研究内容を徹底的に調査して、周到に作り上げられたものという印象を受けた。

ただし、1950年の精神衛生法の制定経緯に関する質問は、正直なところ私の盲点だったから、あらたな文献的調査が必要だった。

 

学部レベルの教科書的な話になるが、1950年に制定された精神衛生法とは、その後、精神保健法、精神保健福祉法と名前が変わったが、改変を重ねて現在も生きている法律である。

「生きている」どころか、現在の日本の精神保健医療福祉制度の根幹をなしている。

しかし、その制定経緯については、精神病者監護法(1900年)と精神病院法(1919年)が廃止され、私宅監置も廃止され、精神衛生法が制定された、などと簡単な説明でおわることが多い。

私も授業でそんな説明をしてきた。

 

というわけで、S先生来訪に備えてあらためて制定経緯を調べてみた。

とはいえ、二次的な文献が中心なので、この領域に詳しい人には目新しいことは何もないだろうが。

 

まず、岡田靖雄氏による「精神衛生法」(『現代精神医学体系 第5巻 C 精神科治療III』、中山書店、1977年)によれば、精神衛生法案が作られていく過程について「青木案--金子案−精神衛生法案という流れがたどられ、この青木案が現行法の最初の原案であったろうとも推察される」とある。

同氏の『日本精神科医療史』(医学書院、2002年)にも、「青木案、金子案、精神衛生法案とをよみくらべると、入手できた資料の範囲では、青木案…金子案−精神衛生法案という流れがたどれる」と書かれている。

 

この「青木案」とは何か?

それは、1948年当時に国立国府台病院に勤務していた青木義治が「村松(常雄)院長からの指示によってどうやらつくったもの」で、「米国の一部の州で行われているものなどを参考にして、私の乏しい知識から原案をつくってみた」という(青木義治「私が昭和23年当初つくった精神衛生法粗案をめぐって」『千葉県精神衛生』第8号、1965年)。

たとえば、第一条は以下のようなものである。

 

第一条 この法律は、国民の精神的健康の保持及び向上を図るとともに精神障害の予防、治療ならびに保護をおこなうことを目的とする。

 

では、岡田氏の推察によれば、青木案に影響を受けたと考えられる金子案は?

金子とは(言うまでもなく、と言うべきか)、日本精神病院協会の理事長などを歴任した金子凖二である。

金子案の第一条は、次のようになっている(『二十年:社団法人日本精神病院協会』1971年)。

 

第一条 この法律は、精神障害の予防並びに患者の医療及び保護を行い、国民の精神的健康の保持及び向上を図ることを目的とする。

 

一目で分かるのは、両者のあいだで、国民の精神的健康と治療/医療・保護との順序が逆になっていることである。

そして、1950年4月5日に衆議院(厚生委員会)に出された精神衛生法案は、確かに金子案に近いもので、その第一条が、

 

第一条 この法律は、精神障害者の医療及び保護を行い、且つ、その発生の予防に努めることによって、国民の精神的健康の保持及び向上を図ることを目的とする。

 

となっている。

ちなみに、上の国会に出された法案の第一条は、本案にそのまま採用されている。

 

また、青木は「米国の一部の州で行われているものなどを参考にして」と書いているが、衆議院(厚生委員会)の議論のなかで中原参議院法制局参事が「この法案をつくります際に、アメリカにおけるカリフォルニア州の精神衛生法それからその運用を参照いたしたのであります」と答弁している(「第七回国会衆議院 厚生委員会議録第二十三号」)。

 

ところで、S先生は日本の精神衛生法に、1838年のフランスの精神病関連法規の影響があるのではないかと、事前のメールで書いてきた。

だが、その時私は条件反射的に、1950年の精神衛生法制定の際に、フランスの影響があるとは到底考えられないと思った。

そして、上で述べたように、実際にはフランスではなく、アメリカの直接・間接的な影響があったことは明らかである。

当日の話し合いでも、集めた資料をS先生に手渡して、私の見立てを説明した。

 

だが、いま思い返してみると、私の考えは浅いものだったかもしれない。

S先生は過去のローマ法の精神障害への認識を引き合いに出していたので、言いたかったことは恐らくこういうことではないか。

つまり、強制的な入院制度というものは、ローマ法における精神障害への認識にさかのぼるもので、それが近代、現代にまで一貫した思想である。

19世紀のフランスの近代的な法律にもそれを確認することができ、それは措置入院をはじめて規定した1950年の精神衛生法にも引き継がれているのではなかろうか、と。

まあ、通訳を介しての議論なので、お互いニュアンスを伝えられなかったということか。

| フリートーク | 17:53 | comments(0) | - | pookmark |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
CATEGORIES
514
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE