近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
新刊『明治・大正期の科学思想史』

近日中に金森修編『明治・大正期の科学思想史』が勁草書房から刊行される。

執筆に関わったことから、一般に出回る前に手元に届いた。

宣伝を兼ねて、この本をごく簡単に紹介したい。

 

 

本の帯にあるように「金森修が構想、執筆者を集めた最後の書。明治以降の我が国の科学思想史を通覧する三部作、ここに完結」。

「三部作」というのは、すでに刊行されている『昭和前期の科学思想史』(2011年)と『昭和後期の科学思想史』(2016年)を念頭に置いているからである。

 

内容(章 [執筆者])は以下の通り。

当初は金森氏の章が入る予定だったが、氏が2016年5月に逝去されたため、それはかなわなかった。

 

第一章 国民と実学──「啓蒙」と「戯作」の交点[金子亜由美]
第二章 山川健次郎の科学思想と尚武主義──物理学・社会学・富国強兵[夏目賢一]
第三章 横井時敬の農学[藤原辰史]
第四章 明治・大正期の地理的知──朝鮮半島の地誌と旅行記をめぐって[米家泰作]
第五章 宇宙と国粋──三宅雪嶺のコスミズム[奥村大介]
第六章 帝國大學と精神病学と精神病者──明治・大正期における精神病治療思想の系譜[橋本明]
第七章 天変地異をめぐる科学思想──関東大震災と科学啓蒙者たちを中心に[中尾麻伊香]
第八章 千里眼は科学の分析対象たり得るか──心理学の境界線をめぐる闘争[一柳廣孝]

 

以上。

| おしらせ | 22:18 | comments(0) | - | pookmark |
第21回日本精神医学史学会開催のお知らせ

次回の日本精神医学史学会開催のお知らせが、当学会のHPにアップされた。

以下はその抜粋。

なお、演題締め切りは2017年8月31日である。

 

//// 開催の概要(講演およびシンポジウムなど)////

 

大会長:阿部隆明(自治医科大学とちぎ子ども医療センター)
会期:2017年11月11日(土)〜 11月12日(日)
会場:自治医科大学医学部教育・研究棟講堂
 〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
 http://www.jichi.ac.jp/access/campusmap.html
大会テーマ:「歴史と多様性」

シンポジウムおよび講演の予定
特別講演:永井良三(自治医科大学学長)「統計の考え方と日本の文化」
会長講演:阿部隆明「小児精神医学の先駆者たち」
シンポジウム:「精神分析運動の歴史」(11 月11 日午後)
 上尾真道(滋賀県立大学)
 ニコラ・タジャン(京都大学人文科学研究所)
 西見奈子(白亜オフィス)
 国分 充(東京学芸大学)
シンポジウム:「精神医学と優生思想」(11 月12 日午後)
 中谷陽二(クボタクリニック,筑波大学名誉教授)
 小俣和一郎(精神科医・精神医学史家)
 市野川容孝(東京大学大学院)
 大塚公一郎(自治医科大学)

 

参加費:会 員 9,000 円
 非会員 医師 10,000 円,医師以外(コメディカルその他) 5,000 円
 学生 2,000 円(非会員は抄録代を含む)
 懇親会費 3,000 円
 ※精神科専門医制度による研修単位申請予定です.

一般演題募集締切:2017 年8 月31 日(木)
 ※発表者・共同演者ともに本学会員に限られます.

大会事務局
 〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
 自治医科大学とちぎ子ども医療センター医局内(事務担当:鈴木)
 Tel:0285-58-7710 Fax:0285-44-8329
 E-mail: jshp2017@jichi.ac.jp

| おしらせ | 12:36 | comments(0) | - | pookmark |
第20回日本精神医学史学会のプログラム

2016 年11月12日(土)・13日(日)に北野病院(〒530-8480 大阪市北区扇町2-4-20)で開催される第20回日本精神医学史学会のプログラムをお知らせします。

プログラムの詳細および日程表は、学会のホームページをご覧ください。

 



1日目【2016年11月12日(土)】
きたのホール会場

9:10-10:00 (プログラム1A)一般演題セッション
座長:生田 孝(聖隷浜松病院)
1A-1 
中山 浩 川崎市こども家庭センター 児童精神科 
日本の子育てをめぐる問題への対応についての歴史(3)――平安時代(仏教文献から)――
1A-2
岡安裕介 京都大学 人文科学研究所 
精神医学史研究における民俗精神医学の意義 ――狂気と水を巡る信仰を事例として――

10:10-11:00 (プログラム2A)一般演題セッション
座長:生田 孝(聖隷浜松病院)
2A-1
中村 治 大阪府立大学人間社会システム科学研究科
南方熊楠書簡から見た岩倉
2A-2
中村江里 一橋大学特任講師 
国府台陸軍病院における戦争神経症患者の疾病解釈と処遇――「神経衰弱」患者の病床日誌分析を中心に――

11:10-12:10 (プログラム3A)講演1(外国人特別講演)「フランス・リールにおける地域精神医療の新たなかたち」
座長:鈴木國文(松蔭病院)
講演:Jean-Luc Roelandt(フランス・リール精神保健の研究・人材育成センター)
通訳等:三脇康生(仁愛大学)

13:30-14:45 (プログラム4A)一般演題セッション 
座長:新宮一成(奈良大学)
4A-1
後藤基行 慶應義塾大学(PD)、国立精神・神経医療研究センター
精神病床における医療費支払区分別在院期間の歴史的分析
4A-2
風野春樹 東京武蔵野病院
精神科医・式場隆三郎の戦後
4A-3
岡田靖雄 青柿舎(精神科医療史資料室)
生活療法とはなんだったのか――歴史における評価というもの――

14:55-17:50 (プログラム5A)シンポジウム1「『精神病院』の興隆と衰退――精神障害者のための施設の歴史」
座長:北垣 徹(西南学院大学)
指定討論:江口重幸(東京武蔵野病院)
シンポジスト:松下正明(東京大学)、山中浩司(大阪大学)、松嶋 健(広島大学)、橋本 明(愛知県立大学)

-----------------------------------

1日目【2016年11月12日(土)】
第一会議室会場

9:10-10:00 (プログラム1B)一般演題セッション
座長:山岸 洋(北野病院)
1B-1
松山航平 京都大学教育学部、松本卓也 京都大学大学院人間・環境学研究科
恥の精神分析:現代ラカン派の理論的交点
1B-2
高橋豊 中央大学
ミッシェル・フーコのフィリップ・ピネル批判を巡って(掘

10:10-11:00 (プログラム2B)一般演題セッション
座長:古茶大樹(聖マリアンナ大学)
2B-1
滝上紘之 桜ヶ丘記念病院・慶應義塾大学医学部精神神経科学教室
疾病分類における「疾患単位」と「疾病類型」再考
2B-2
大前晋 国家公務員共済組合連合会虎の門病院
「自然な疾患単位」論の起源と終焉

13:30-14:45 (プログラム4B)一般演題セッション
座長:大前 晋(虎の門病院)
4B-1
若山 須賀子 児玉教育研究所 心理療法センター
心理療法における心的イメージとしての「マンダラ」(2)
4B-2
植野 仙経 京都府立洛南病院
ドラペトマニア論文を紹介し、その疑似科学性について検討する
4B-3
吉川 順1)・細川 清1,2) 
1)医療法人杏山会 吉川記念病院 精神科 2)原尾島クリニック 心療内科

ヒステロ・エピレプシーの断層

-----------------------------------

2日目【2016年11月13日(日)】
きたのホール会場

9:10-10:00 (プログラム6A)一般演題セッション
座長:高林陽展(清泉女子大学)
6A-1
小泉 明 港北病院
J. Grasset(1849〜1918)の業績について
6A-2
玉田 有 虎の門病院精神科
下田光造と森田正馬――執着性格の名称変更をめぐって――

10:20-11:10 (プログラム7A)一般演題セッション
座長:中谷陽二(筑波大学名誉教授)
7A-1
工藤弘毅1)・古茶大樹2) 
1)慶應義塾大学医学部精神神経科学教室・2)聖マリアンナ医科大学神経精神科学講座
Schneider KはSinngesetzlichkeit(意味合法則性)をどう考えたか
7A-2
松下 正明 東京大学名誉教授
1912年5月30日、キールにて ――ホッヘ、アルツハイマー、クライスト、ウルシュタイン、そしてクレペリン――

11:20-12:20 (プログラム8A)講演3(会長講演) 「19世紀ドイツの精神病院長たち」
座長:濱田秀伯(おおてまちメンタルクリニック)
講演:山岸 洋(北野病院)

14:10-16:10 (プログラム9A)シンポジウム2 「精神医学史の視点からDSMを診断する」
座長:阿部隆明(自治医科大学)
シンポジスト:神庭重信(九州大学)、村井俊哉(京都大学)、内海 健(東京藝術大学)

16:20-17:35 (プログラム10A)一般演題セッション
座長:中村 治(大阪府立大学)
10A-1
落合雄彦 龍谷大学法学部
植民地期の狂気――アフリカ植民地精神医学史研究のためのプロローグ――
10A-2
細川 清 原尾島クリニック・精神科
「癲」と「癇」の合流 ――取り残された誤謬と偏見――
10A-3
熊 努  虎の門病院分院精神科
誤信念課題の形成とその問題点について

-----------------------------------

2日目【2016年11月13日(日)】
第一会議室会場

9:10-10:10 (プログラム6B)講演2 「心を病むことの体験と精神障害者処遇――PSWの視点からみた精神医療史」
座長:村井俊哉(京都大学)
講演:篠原由利子(佛教大学)

10:20-11:10 (プログラム7B)一般演題セッション
座長:熊崎 努(虎の門病院)
7B-1
清水健信1)・松本卓也2) 
1)京都大学医学部医学科・2)京都大学人間・環境学研究科
木村敏のドゥルーズ的読解(1) ――「死の非人称性」――
7B-2
山雅広 京都大学大学院人間・環境学研究科
ラカン派精神分析におけるポスト・エディプス時代の父性隠喩――禁止から不可能へ――

以上

| おしらせ | 19:04 | comments(0) | - | pookmark |
近刊予定 『<変態>二十面相 もうひとつの近代日本精神史』

 9月20日ころに、『<変態>二十面相 もうひとつの近代日本精神史』(竹内瑞穂+「メタモ研究会」編、六花出版)が刊行される予定です。

“<変態>二十面相”という、不思議なタイトルなのですが、「真面目な」本ですのでご心配なく。

目次は以下のとおりです。

 

<変態>二十面相 ―もうひとつの近代日本精神史・目次

 

総 論 ❖ 〈変態〉を繙 (ひもと) 江戸川乱歩と梅原北明の〈グロテスク〉な抵抗 ― 竹内瑞穂

 

第吃堯<変態>と向き合う 精神医学・心理学

 第1章 ❖ 呉秀三 とらえどころのない〈精神〉と〈正統派〉精神病学 ― 橋本明
 第2章 ❖ 『変態心理』の頃の森田正馬 ― 安齊順子
 第3章 ❖ 小熊虎之助と変態心理学 ― 小泉晋一
 コラム❶ 〈変態心理〉的美術あれこれ ― 古川裕佳

 

第局堯)陳イ垢<変態> 変態心理・変態性欲・霊術

 第4章 ❖ 変態 (メタモルフォーゼ) する人・中村古峡 結節点としての『殻』 ― 佐々木亜紀子
 第5章 ❖ 文学が〈変態性欲〉に出会うとき 谷崎潤一郎という〈症例〉 ― 光石亜由美
 第6章 ❖ 田中守平と渡辺藤交 霊術家は〈変態〉か ― 一柳廣孝
 コラム❷ なぜ男たちは暗示にかかるのか 谷崎潤一郎 ― 西元康雅
 コラム❸ 芥川龍之介 〈変態心理〉言説に翻弄された大正の文豪 ― 乾英治郎

 

第敬堯<変態>の水脈 テクスト・表象
 第7章 ❖ 性的指向 (セクシャリティー) と戦争 大日本帝国陸軍大尉・綿貫六助の立ち位置 (スタ
ンス)
―島村輝
 第8章 ❖ 妄想される〈女ごころ〉 木々高太郎『折蘆』考 ― 小松史生子
 第9章 ❖ 三島由紀夫 とてつもない〈変態〉 ― 柳瀬善治
 第10章 ❖ 戦後空間を生きのびる〈変態〉 阿部定と熊沢天皇 ― 坪井秀人
 コラム❹ 極北の耽美小説家 山崎俊夫 ― 月光散人
 コラム❺ 酒井潔 澁澤龍彦・種村季弘が愛したエロティシズムの旗手 ― 大橋崇行


メタモ(変態)とは何ぞや あとがきに代えて ― 坪井秀人


参考文献一覧──〈変態〉を学ぶ人のために ― 竹内瑞穂〔編〕

 

以上です。

下にチラシの画像を添付しましたが、詳細が見にくいと思いますので、ファイルのダウンロードはここからどうぞ。

 

 

 

| おしらせ | 16:15 | comments(0) | - | pookmark |
『精神障害者問題資料集成 戦前編』 第10巻〜第12巻 刊行

2016年6月末に『精神障害者問題資料集成 戦前編』第10巻〜第12巻(第4回配本、全3冊)が、六花出版から刊行された。

これで、このシリーズ(戦前編)全12冊も完結したと言えるだろう。

パンフレットには「編集復刻版 限定100部」とあるので、購入申し込みは早めにしたほうがいいかも知れない。

詳細は、ここを参照。

 

なお、各巻のおもな復刻資料(の概略)は以下のとおり。

 

第10巻 『救治会々報』

第11巻 『和光』、公立及代用精神病院協会総会議事録、日本精神病医協会記事

第12巻 『心理と医学』、精神病検診録/日露戦争時の障害兵士「病床日誌」ほか、京都府・川崎市・神奈川県公文書類

 

以上。

 

パンフレットの最初のページ

| おしらせ | 14:11 | comments(0) | - | pookmark |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
CATEGORIES
499
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE