近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
東京レトロ・1980年代の精神医療史 (14) これまで言及しなかった作業所

最初に、前回の「東京レトロ・1980年代の精神医療史 (13) 総武線沿線周辺」で、追加しておきたいことがある。

 

墨田区の「ユニーク・クラブ」の設立当時の状況について、そのあと発見された文献を参考にして、補足をしておきたい。

前回は、“この作業所の当初の仕事は「Tシャツの袋詰め」だったようで、それは上記「メンバーの兄」の仕事でもあったらしい(あるいは、兄がその仕事をさがしてきたということだったかもしれない)”と書いた。

 

が、中村正利・窪田彰・吉田克子「利用者の自主運営による作業所の意義と問題点」『病院精神医学』72: 76-81 (1983) )によれば、“近隣のTシャツプリント工場の社長より、私達に「工場の二階を貸与するので、Tシャツの袋詰をやってもらえないか」との提案があった。(・・・)作業所は約10畳位の広さ、場代は無料、Tシャツの袋詰1枚5〜15円、維持運営については私達に一任、患者の自立の為に自由に使用してもよい、ということ。幸い「友の会」のメンバーも約10人位が興味を持ち、参加する意志が表示された”ということだったらしい。

 

また、同じく「ユニーク・クラブ」について、“当時、職員が2人いたが、所内では「秘書」と呼ばれていた。利用者と職員とのあいだに、権力構造をつくらないという意図だったのだろうか”とも書いた。

 

これについては、中村正利・窪田彰・門倉春子ほか「地域活動における病院化傾向を問う―ユニーク・クラブを通してみた共同作業所問題―」『病院・地域精神医学』79: 90-92 (1985) に、“「秘書」とは、ユニークでは、指導員を、利用者の自主性を尊重し秘書という名称にしている”という注がある。

当時、「秘書」概念はこの作業所のキーワードだったようである。

たとえば、「ユニーク・クラブ」の関係者らによる以下の学会発表(抄録集)のタイトルに「秘書」が登場している。

 

・大井徹・柳牧子・関百合子・中村正利・高畠克子・窪田彰「患者クラブによる自主的作業所に職員(秘書)が入って何が変わったか」『病院・地域精神医学』85: 74-79 (1986).

・柳牧子・大井徹・韮沢明・窪田彰・中村正利・田村恵「共同作業所における秘書と利用者の関係」『病院・地域精神医学』92: 121-122 (1988).

 

海のものとも山のものともつかない精神障害者の作業所が次々に開設されるなかで、作業所の職員と利用者との関係は、それまでの専門職と患者という伝統的な精神医療の世界で了解されていた関係を、根底から不気味に揺さぶるものだったのかもしれない。

職員を「秘書」と位置づけることで開かれるかもしれない、精神医療の新たな地平を模索していたということだろうか(昨今の、制度的には「安定した」就労継続支援B型事業所とは、だいぶ雰囲気が異なっていただろう)。

補足は以上である。

 

さて、今回はこれまで言及しなかった作業所をまとめて紹介したい。

まずは、豊島区の「みのりの家」である。

下の写真にある『出会いの輪を広げて 創刊号』(1986年6月23日に「みのりの家」を訪問した際に購入、1,000円也)のなかの記述を参照して、設立の経緯などをまとめたい。

 

 

「みのりの家」は1978年5月22日にオープンした。

この時期の開設は、都内の精神障害者の作業所としては比較的早いほうである。

南大塚診療所の医師・穂積登氏が、診療所の分院として設立したのがはじまり。

当初は、医療施設で行う精神科デイケアの制度を利用することを考えていたようだ。

しかし、精神科デイケアとしての認可を受けるとなると、「医師を含む職員配置、給食、浴室などの設備、規模の大きさなどの設置基準」が「個人が行えるような限界をはるかに超えていた」。

とはいえ、「場を求めて集まった人達の活動は続けなければならない」と、「みのりの家の設立からその後の二年間の経費は穂積医師の個人的な出資」で賄われたという。

 

設立から2年後には診療所から独立し、「みのりの家運営委員会」の運営に移行したが、運営費の見通しは立たない。

その前年(1979年)度の経費は約700万円に及んでいたが、「殆んどの額を個人(注:穂積医師のことだろう)が負担せざるをえなかった」。

その後、バザーを開いて物品販売を行ったり、賛助会への加入を呼びかけてたりして自己資金を増やしていったが、運営費の1/3くらいしか確保できない。

行政に窮状を訴え続けた結果、1980年には豊島区から補助金を受け、さらに1981年からは東京都による「精神障害者共同作業所通所訓練事業運営費補助金」が交付されるようになった。

こうして、財政的には安定してきたということだろう。

 

筆者が訪問したとき(1986年6月23日)には、文京区に新たに開設する(というか、たぶん開設したばかりで、まだ行政からの補助金はもらっていない段階)の「若草の家」のことが話題になっていた。

朝のミーティングで「(きょう)若草の家に行く人いませんか」と、出張できる利用者(と職員)を募る話し合いが行われていた。

行政から補助を得るために、文京区内に開設した作業所でも実績を積む必要があったのだろう。

ひとつの団体が、区をまたいで別の作業所をつくる話はあまり聞いたことがないが(行政の補助金制度上も面倒なのだろう)、もともとこの「若草の家」は1982年(訪問時にもらったチラシには1983年とある)に練馬区内に作られたもののようだが、文京区内に移転することになったようだ。

だが、1993年に豊島区内にまたまた移転。

 

現在は、「ハートランド若草」となり、かつての「みのりの家」も「ハートランドみのり」として、いずれも社会福祉法人 豊芯会 の傘下の事業として継続している(なお、「若草の家」に関する情報の一部は、畠瀬直子「共生社会実現に貢献する臨床心理学を考える: 都心で精神障害者の自立を支える「みのり実践」」『教育科学セミナリー』35: 37-48 (2004) [関西大学学術リポジトリ] を参照した。ただし、この論文のなかで記述されている、「みのりの家」が1980年に「東京都と練馬区から「心身障害者通所訓練事業補助」の助成を受ける」、および1981年に「精神障害者共同作業所通所訓練事業運営費を東京都、練馬区から助成される」の、「練馬区」とあるのはいずれも「豊島区」の誤りではなかろうか。)

 

次は、目黒区内最初の作業所の「わかば作業所」である。

東京都の資料によれば、設立されたのは1985年12月。

筆者が訪れたのが1986年5月で、まだ「急ごしらえ」感が強かった。

下の写真でわかるように、ある患者家族のお宅の座敷が「わかば作業所」だった。

このお宅の患者も含む数人の利用者とその家族(会のメンバー)が、ちゃぶ台を組み合わせて作った作業台で、ネジを加工する作業を黙々と行っていた。

作業を見守るようなオカメインコが飼われていたので、その写真も撮った。

 

 

設立の経緯は以下のとおり。

利用者のひとりが、上記の「みのりの家」に1年くらい通ったこともあったが、その後入院して中断。

退院後、入院した病院のデイケアに参加していたが、遠方で通うのが大変。

それで、区内の保健所のデイケアに通うことになったが、週1回しか開催されていない。

そんな理由から、作業所を開設することにしたのだという。

筆者が「わかば作業所」を訪問してから、すでに三十数年が経過している。

手持ちの資料を見ながら、作業所のその後がとても気になったが、現在は社会福祉法人 みきの会 の事業に引き継がれているようだ。

 

さて、場所は変わって、国立市の「棕櫚亭(しゅろってい)」。

筆者が修士論文作成のために都内の作業所めぐりをしていた1986年には、まだ開設準備段階だったので訪れることはできなかった(東京都の資料によれば、開設は1987年1月)。

当然ながら、建物の写真もない。

だから、ここで対象とする作業所ではないかもしれない。

しかし、どういう経緯で入手したのか思い出せないが、『はれのちくもり』という、この作業所が出していた通信のいくつかの号が手元にあるので、その一部を紹介したい。

 

『はれのちくもり』の No.1(下の写真を参照) の時点では、「くにたち共同作業所」という名称だった。

最初の部分を書きだしてみよう。

 

いま、私たちは、国立市の谷保駅の近くに民家を一軒借りて、「精神障害者」(と社会一般が呼ぶ人々)のための「共同作業所」を作ろうとしています。以前から話はありましたが、今年(1986年)の10月に準備会が発足して、具体的な活動を始めました。幸い適当な家を貸してもらう約束ができました。11月3日の国立市民祭では、資金集めとお知らせのためのバザーを開きました。今現在は、次回バザー(12月4日)の準備と、大家さんの御理解を頂いての「家」の修理改造とが進行中です。

 

ということである。

 

(くにたち共同作業所設置準備委員会通信『はれのちくもり』No.1 1986年11月29日発行)

 

続く『はれのちくもり』No.2 では、「作業所の名前が棕櫚亭(しろってい)に決まりました!!」とあり、それは「大きなしゅろの木が何本も生えているお家」だからだという。

また、「棕櫚亭は始めっから火の車—'86年大晦日のたのしいたのしい財政報告」という記事によれば、

 

無から有を生じることの、しんどさと楽しさは等価だと実感したこの一ヶ月、目に見えないなにかにつき動かされてきたようだ。目に見えない=必要性なし・・・・ある行政man氏のそんな等式を、目に見えない(からこそ)=必要性あり、の等式にもっていくことが当面のわたしたちの課題であろうか。(・・・)自己資金ゼロからスタートしたわたしたちは、資金づくりのバザーや通信発行を通して出会った人々の有形無形の協力で、やっと1月からの試験開所を迎えるに至った。しかし、改築費の一部負担金40万円については、9名の準備委員の共同出資で、年内の支払いをすませてほっとしているが、1月からの運営資金については、まだ目途がたたない。

 

と、厳しい財政状況が語られている。

以下の『はれのちくもり』No.3 (下の写真)では、しゅろの木のイラストが登場。

作業所に期待をよせる利用者や家族の手記が紹介されている。

この段階でも資金難は続いているようだ。

切手に変えられるという、「書き損じの葉書」を募る記事も書かれていた。

 

(棕櫚亭運営委員会通信『はれのちくもり』No.3 1987年2月11日発行)

 

筆者が持ち合わせている「棕櫚亭」の情報は、この程度しかない。

その後は、社会福祉法人 多摩棕櫚亭協会 の事業へと発展して、現在に至っているようである。

協会のホームページは、結構読みごたえがある。

 

またもや場所は変わって、府中市である。

府中市の作業所としては、以前のブログで「わかまつ共同作業所」について述べた。

実は、ここで紹介する「梅の木作業所」と「わかまつ共同作業所」は、ともに精神障害者の家族(会)の作業所設立ニーズと深く関わっていたようだ。

だが、その設立の過程で家族会内の意見が割れたらしく、1986年4月、折り合いが付かないまま市内に2か所の作業所ができあがってしまった、ということらしい(ちなみに「わかまつ共同作業所」は、現在は社会福祉法人 若松福祉会 の運営だが、そのホームページには、同作業所の開所を1985年11月としている)。

「わかまつ」のほうは保健医療関係者が設立に携わり、その運営も手堅いようだったが、「梅の木」のほうは(訪問時点の筆者のメモによれば)「一応4月からやっているようだが、協力者に恵まれず、また家族会の弱体なこともあって、なかなか運営がうまくいかず苦慮している」状況だった。

 

(ゑびす荘の2階に「梅の木作業所」があった。1986年7月ころ撮影。)

 

訪問後、1986年8月7日に「梅の木作業所」の人と電話で話した時のメモによれば、作業所の指導員が決まり、東京都から助成金を受けられることになったが、運営は、保健所の保健師に手伝ってもらいながら、「府中家族会」が主体で行うということだった。

少なくとも発足時はとても不安定に見えたが、現在は社会福祉法人 白梅会 に事業が引き継がれているようだ。

 

最後に、国分寺市の「さつき共同作業所」を紹介したい。

当時、2階建ての共同住宅(共同住居)「はらからの家」の1階部分の一角に、作業所があった。

下の写真では、「恋ヶ窪荘」の入口に「さつき共同作業所」と「はらからの家」の両方の看板がみえる。

 

(「はらからの家」の一角にあった「さつき共同作業所」。1986年5月25日撮影。)

 

1986年5月に訪問した時にもらった作業所の案内には、次のように書かれている。

 

精神障害の回復途上にある人々に働く場を確保し、集団的労働を通して、主体的に社会参加する事を促し、利用者が豊かで人間的な社会生活を得られるよう就労援助活動を中心とした社会復帰支援を目的として、昭和59 [1984] 年8月に開所されました。国分寺精神障害者を守る会(通称「あゆみ会」)と、共同住宅「はらからの家」、地域の保健婦の方や有志の皆様の尽力により発足し、現在運営委員会を組織し、「あゆみ会」の事業部の一つとして運営されています。

 

続けて、作業内容のことが書かれている。

 

作業内容は、なんとか自主製品をという思案の中、石けん作りを中心として、製袋作業、はがき作りなどに取り組んでいます。石けん作りは、家庭の廃油を回収する作業から始まり、スリルと興奮にみちた製造、切り出し、包装、販売と作業工程が多岐にわたり、各人の個性にあった作業を選べるところに、その特質があります。

 

ということで、当時のメインの作業は石けん作りだった。

訪問時に聞いた話では、「内職は納期に追われるし、工賃は安いし」「もっと地域に広がりがもてるような」ものとして、最初から自主製品を考え、それが石けん作りだったそうである。

下の写真は訪問時にもらった「無公害石けん販売中」のチラシである。

「原料は何と てんぷら油!!香料、凝固剤 etc. 害になると言はれる薬品は いっさい使用していません だから安心して使えます 」と。

なつかしい、と感じられる人もいるのではないか。

 

(「無公害石けん販売中」のチラシ)

 

目下、「さつき共同作業所」は、社会福祉法人 はらからの家福祉会 のもとで事業が継続されている。

| 東京レトロ | 14:16 | comments(0) | - | pookmark |
東京レトロ・1980年代の精神医療史 (13) 総武線沿線周辺

新型コロナの影響で、諸事に忙殺されている人も多いと思うが、息抜きに読んでいただきたい。

今回は東京の東部、総武線沿線周辺の精神障害者作業所にスポットをあてる。

まずは、墨田区から。

 

区内最初の作業所は、「隅田作業所」である。

訪問時のメモによれば、設立のころの様子は次のとおり。

1980年春、墨田区の精神障害者家族会に所属する家族の患者が、病院から退院したものの「行きどころ」がない。

そこで、足立区の協立作業所(まえのブログを参照)を見学するなどしたあと、同年7月に患者本人と家族とでまずは作業所を開いた。

開所後、最初の1、2か月は作業のための内職を探すことに奔走したが、江東区の保健婦さんが墨田区に見学に来た際に、内職を見つけてくれた。

次第に利用者が増えて、手狭になったので、何度か引っ越した。

ここに越してきてからは、家族会の人たちの作業所へのかかわりは少なくなっている。

当初は電気掃除機の部品の組み立てをやっていたが、現在はおもちゃ(飛行機)の組み立て、文房具の組み立て、文房具の箱折りをしている。

ということで、私が訪問した時には納品に追われて忙しそうで、職員も必死で作業をしていた。

 

(写真:上の2枚は隅田作業所の全体。下左は作業風景。下右は作業所で飼われていた犬。)

 

典型的な下町の作業所という感じだったが、現在はどうなっているのだろうか。

ネットで調べてみると、写真の場所からは移転したようだが、「特定非営利活動法人 とらいあんぐる」が運営する「隅田作業所」として継続している。

 

さて、次は「ユニーク・クラブ」である。

資料によれば、開設は1982年6月、東京都からの助成金の開始は1985年度からである。

この作業所の起源は、1978年に東京都立墨東病院でスタートした日本で最初の精神科救急事業に、当院の医師だった窪田彰氏が携わったことにあるようだ(以下の記述は、窪田彰「街を私たちの街に―多機能型精神科コミュニティとしての錦糸町モデル―」第105回日本精神神経学会総会 精神医療奨励賞受賞記念講演、2009年を参照した)。

 

窪田氏によれば、精神科救急病棟では、短期間に「退院したものの仕事はなく、する事もなく過ごしているうちに服薬中断し、再発再入院する患者さん」が絶えないということで、「とにかく何か街の中に通える場がほしい」という思いから、1979年に通院者クラブ「墨東友の会」を立ち上げ、さらに1年後には「墨東病院近くの蕎麦屋の3階に15畳ほどの部屋を借りて、出会いの場・憩いの場「友の会」と名付けたクラブハウスを開設」した。

それから、1年が過ぎて、「今度は退屈だから仕事をしたいというメンバーが現れ、議論の末あるメンバーの兄が経営する工場の一角に、初期の共同作業所が生まれ」たという。

 

この「共同作業所」が、「ユニーク・クラブ」だろう。

1986年5月の訪問時には、作業所設立にまつわる話をあまり聞けなかったが、上記の窪田氏の講演記録からその経緯がよくわかる。

ただ、窪田氏はふれていないが、この作業所の当初の仕事は「Tシャツの袋詰め」だったようで、それは上記「メンバーの兄」の仕事でもあったらしい(あるいは、兄がその仕事をさがしてきたということだったかもしれない)。

下の写真の作業所のパンフレットの表紙にTシャツのイラストがあるのは、そういう理由からと思われる(訪問時にそう説明されたかもしれない)。

また、写っている建物は、初期の「工場の一角」から引っ越してきたあとのものだろう。

当時、職員が2人いたが、所内では「秘書」と呼ばれていた。

利用者と職員とのあいだに、権力構造をつくらないという意図だったのだろうか。

 

(左の写真は、1986年5月22日撮影)

 

現在、「ユニーク・クラブ」は、「社会福祉法人 おいてけ堀協会」が運営するいくつかの事業に引き継がれているようだ。

その事業は、「就労移行支援事業 ユニークジョブサポート」、「就労継続支援B型事業 ユニークジョブサポートビー」、「自立訓練・生活訓練事業 ユニークがらん堂」、「就労継続支援B型事業 ユニーク工芸」というように、「ユニーク」の名前を冠しているものが多い。

1986年に訪問した際に「ユニーク」の由来を聞いたところ、「ユニーク工芸に属しているから」という答えだった(が、それ以上のことは聞きそびれた)。

上記「就労継続支援B型事業 ユニーク工芸」は、「ユニーク・クラブ」よりもあとにできたものだろうから、別物と思う。

今となっては、かつての「ユニーク工芸」が何だったのか確かめようがない(「Tシャツの袋詰め」と関係がある会社かもしれない)。

 

次は江戸川区。

1986年当時、区内の作業所は「小岩作業所」(下の写真)のみ。

おもに小岩保健所のデイケアを終えた精神障害者のために、1983年1月に作業所を開設。

「小岩作業所案内 昭和60年度」には、「小岩作業所は家族会、保健所、江戸川区健康部その他多くの方々の努力と後援によって開所されました」とある。

また、作業所の運営は、「江戸川区内の精神障害者を持つ家族の会 あけぼの会」の理事会が行うと。

 

(ビルの階上、3階?が「小岩作業所」だったと思う。1986年5月10日撮影。)

 

訪問時に職員から聞いた話では、作業におわれて、レクリエーションなどを行う余裕がないようだった。

というわけではないのだが、ハンガーの組み立て作業をやらせてもらった(下の写真)。

手伝うというよりも、足手まといだろうが。

 

それにしても、この時に「小岩作業所」で写した写真はほかにもあったはず。

自然な作業風景で、しかも利用者の顔がちょうど見えない感じだった。

精神の「作業所」というものの様子を伝えるのにいいと考え、ネガ・プリント写真からスライド・フィルムをつくり、当方のはじめての学会発表で投影した(デジカメ、PowerPoint などなかった時代、1980年代後半に長崎で開かれた日本公衆衛生学会での話)。

だが、あの写真はどこにいったのか。

どうしても見つからない。

 

(ハンガーの組み立て作業をやらせてもらった。)

 

現在は「特定非営利活動法人 ワークあけぼの会」の運営する「小岩作業所」として、江戸川区内で事業を継続していると思われる。

 

最後は江東区である。

都内で作業所訪問調査をしていた時点では、江東区内には「のびのび第2作業所」(1983年4月設立)と「のびのび第3作業所」(1986年4月設立)があった。

「第2」、「第3」というからには、「第1」があると考えるのが自然である。

実際、知的・身体障害児/者のための「のびのび作業所」が存在していたようだが、これらの関係がわからなかった。

当時の調査メモによれば、1986年9月10日に江東区の精神障害者家族会の関係者に、電話でこの件について話を聞いており、「のびのび第2・第3作業所 と のびのび作業所 とは直接関係はない。区内で のびのび作業所 が先行してやっていたので、その名称を貸してもらった程度」という返答をもらっている。

「のびのび作業所」のほうは、現在は「社会福祉法人 のびのび福祉会」の事業として続いているようだ。

 

「のびのび第2作業所」と「のびのび第3作業所」に話をもどしたい。

1986年5月に第2作業所を訪れ、設立の経緯などを聞いた。

当初は、区内の精神障害者家族会が作業所の運営に関わっていたが、次第にその活動性が低下してきたため、運営委員会組織を立ち上げて、作業所の存続をはかったという。

その後、「専門的」な運営体制を導入することになったようである。

職員には研修を課し、「ケース担当制」ということで、利用者の担当は各職員に振り分けた。

そして、「研究的な職場にしたい」と語る職員の言葉が印象的だったが、それが果たして作業所の利用者にとってプラスなことなのか、と思った。

 

(「のびのび第2作業所」、1986年5月21日撮影。)

 

「のびのび第3作業所」を訪れたのは、第2作業所の訪問から3か月くらい経過した1986年8月(9月だったかもしれない)のこと。

訪問のアポの前日、念のために確認の電話を入れたら、「明日は人手が足りなくなるので都合が悪い」と、突然キャンセルになった。

そこで後日電話したら、「いま作業所内が、夏休み明けということもあり、ガタガカしているので、見学者の受け入れはできない」と言われた。

訪問者は歓迎しないということなのだろうか。

 

ともかく、第3作業所を訪問して、「研究的な職場にしたい」の意味がよくわかった。

職員から、いろいろな資料を渡されて、「アカデミック」な話を聞いた。

そのひとつに、下の写真のような用紙があった。

利用者ひとりひとりのライフイベントを書きこんで、何やら測定して、計算して、分析して、学会あたりで発表するデータを取っているようだった(おそらく、この時代のデータの一端は、「精神障害者地域ケアにおける共同作業所機能に対する要求水準」というタイトルで発表された、第6回日本社会精神医学会の抄録集(1986年)に反映されているだろう)。

利用者のデータをとって、今後のケアに役立てようという意図はわかるが、地域の作業所がやることなのだろうかという違和感が残った。

 

("Life Event Scale" 用紙の一部。)

 

かつての「のびのび第2作業所」と「のびのび第3作業所」は、現在は「社会福祉法人 おあしす福祉会」の事業として継続していると思われる。

 

| 東京レトロ | 12:03 | comments(0) | - | pookmark |
東京レトロ・1980年代の精神医療史 (12) 北区、板橋区 および 新宿区補遺

今回は板橋区と北区の作業所である。

また、以前のブログで新宿区については紹介したが、追加したいことがある。

 

最初に北区から。

1986年ころに東京都立精神衛生センターが作成した「共同作業所名簿」では、北区内にある精神障害者の作業所は「あゆみ共同作業所」1ヵ所のみ。

精神の作業所として東京都から認可されたのは1984年だが、知的障害者の作業所としての歴史は古く、1971年にさかのぼる。

訪問時にもらった「あゆみ 福祉 共同作業所」(1985年4月作成)というタイトルがついた手書きの資料によれば、

 

昭和46 [1971] 年6月 在宅精神薄弱者の親が集まり 北区の状況を訴え、広く皆さんと共に作業所の設立、及び会の発足を計り、46年11月 北区愛の会の発足を見ると同時に上記場所 [北区十条仲原] に於いて、作業訓練所を設立し(・・・)

 

と書かれている。

この作業訓練所は、別の資料(たとえば、東京都福祉局心身障害者福祉部福祉課『区市町村における昭和59年度障害者福祉施策の概要』)に出てくる「あゆみ福祉作業所」のことだろう。

ところが、1977年の東京都心身障害者生活実習所条例(条例第15号)にもとづいて、同年4月に北区にも区立の生活実習所が開設された。

生活実習所とは、「障害の程度の重い心身障害者に対して、その心身の発達を促進し、社会生活能力を開発するために必要な訓練を行う」通所施設である。

すると、1978年から1980年にかけて、「あゆみ」の利用者のほとんどが生活実習所に通うことになったという。

 

精神障害者を受け入れはじめたのは、1980年12月だった。

上記の「あゆみ」の資料には、「当時北区には、精神障害者の為の社会復帰訓練施設は全然ありませんでした。(・・・)福祉作業所ではありましたが、精神障害者本人、家族、関係機関からの入所希望は増加する一方でした」とあり、1985年4月時点で、(知的障害者の)福祉作業所の通所者は8名、(精神障害者の)共同作業所の通所者は20名と記述されている。

前回の練馬区の「やまびこ第2作業所」と「大泉学園実習ホーム」の設立初期にみられたような、知的と精神の障害者の「混在」である(もちろん、補助金制度上は分けられていただろうが)。

 

下の写真は1986年当時の「あゆみ共同作業所」の写真だが、入口の看板を目を凝らして見ると(文字ではうまく表記できないが)「あゆみ福祉・共同作業所」となっていて、「福祉」と「共同」とが併記されている。

 

(あゆみ共同作業所、1986年7月撮影。カメラの光漏れでフィルムが感光し、日付の部分が読めない。)

 

ネットで検索してみると、当時の場所からは少し移動しているようだが、「あゆみ共同作業所」は同じ北区十条仲原の「社会福祉法人あゆみ ワーク・スペース・ポピー」として現在も継続してるものと思われる。

 

次は板橋区である。

区内で最初の精神障害者の作業所は、1982年4月に設立された「こもね作業所」である。

筆者が訪問した時の所長は、同じ区内の精神科の病院で医療相談室の室長などを歴任した人で、作業所の創設者でもあったと思う。

創設のころには知的障害者も作業所を利用しており、むしろ知的障害者の作業所としての補助金で運営されていたようだ。

 

やがて区が施設を整備し、知的障害者はそちらに移っていった。

東京都の資料(東京都福祉局障害福祉部『昭和60年度 心身障害者福祉施策の概要』)に掲載されている、1982年に板橋区が設置した「板橋小茂根生活実習所」のことだろうか。

同じく東京都の別の資料(「共同作業所別事業計画概要及び審査結果」)によれば、「こもね作業所」は1984年度から「精神障害者共同作業所」として都から補助金を受けている。

 

(こもね作業所、1986年5月29日撮影。)

 

その後の「こもね作業所」であるが、「NPO法人ベアーフレンズ」が運営する同名の作業所として継続していると思われる。

1986年当時の板橋区小茂根から、区内の別の住所(熊野町、法人名は地名から?)に引っ越しているようだが、グーグルマップのストリートビューで現在の作業所の建物をよく見ると、上の写真とまったく同じような「こもね作業所」の看板がかかっていた。

もし、当時からの看板を使い続けているとしたら、すごい話ではなかろうか。

 

板橋区の精神障害者の作業所として、「こもね」の後に登場したのが「JHC板橋」である。

下のパンフレットにあるように「JHC」とは、Joint、House、Cosmos の頭文字からきている。

1983年に、「精神衛生・医療の現場の社会福祉実践者」が JHC板橋運営委員会を結成し、1984年9月には大山作業所を開いた。

1985年度からは、東京都と板橋区から補助金を交付されている。

1986年3月には、大山作業所が入っている物件の改築工事にともない、一時的に移転していた区内の志村の建物で、志村作業所も設置した。

1986年8月に筆者が大山作業所を訪問したときには(つまり、改築後に再入居した大山作業所を訪れたことになる)、JHC板橋運営委員会が「JHC板橋」を運営し、傘下に大山作業所と志村作業所があるという構造だった。

 

東京都における、少なくとも初期の精神障害者の作業所のでき方は、家族・家族会を母体にしている、あるいは知的障害者の作業所から派生した、というケースが多いなかで、「JHC」のような登場のしかたは新鮮だったのではなかろうか。

その後の「JHC」の活躍はめざましく、検索すればすぐに関連文献などは見つけられるだろう。

なので、これ以上は詳述しない。

現在は、「社会福祉法人JHC板橋会」が、上記作業所を運営している。

 

(JHC板橋・大山作業所でもらったパンフレット)

 

(JHC板橋・大山作業所、1986年8月27日撮影。)

 

最後に、冒頭で述べた新宿区の追加である。

以前の記事で、同区内の「ムツミ作業所の資料がまったく残されていない」と書いたが、いくつか資料が出てきた。

下の写真は、作業所開所(1985年9月)から8か月後くらいに訪問したときのものと思われる。

 

(ムツミ作業所。左の写真の建物2階が作業所で、右の写真が作業所の様子。1986年5月8日撮影。)

 

また、下の写真は「ムツミ第2作業所」が開所した時のお知らせ(一部)である。

 

(1987年2月の「ムツミ第2作業所開所のお知らせ」。このころ、「手書き文字」が「ワープロ文字」に駆逐されていく過渡期だった。)

 

この第2作業所が、現在は「社会福祉法人東京ムツミ会 ファロ」として継続しているようである。

| 東京レトロ | 08:46 | comments(0) | - | pookmark |
東京レトロ・1980年代の精神医療史 (11) 西武池袋線沿線エリア

コロナ対策で、てんてこ舞いしている大学だが、遠隔授業とやらの準備ばかりをしているのも癪に障る。

現実逃避みたいな感じでこの記事を書いている。

気楽に読んでいただきたい。

 

今回は「西武池袋線沿線エリア」の作業所をとりあげたい。

かつて筆者はそのあたりを生活圏にしていたので、“ご近所感”が相当強い。

行政区域としては、おもに豊島区と練馬区である。

ただし、1978年5月に設立された「みのりの家」は、豊島区(内の北大塚)とはいえ西武池袋線の沿線ではないのでここでは扱わない。

また、練馬区内の作業所でも、最寄り駅でいえば、むしろ地下鉄有楽町線や東武東上線のほうが近い場合もあるが、「西武池袋線沿線」の「エリア」として一括していることをあらかじめご了解いただきたい。

 

「長崎リハビリハウス」は、1978年3月に豊島区内で最初に設立された精神障害者の作業所である。

当時の資料には、「家族の人が数人で作った。場所は区の議員のものを無償で借りて始める。その後、民間のアパートに移り、56年 [1981年] にはワーカーも入り、やっと少しゆとりが出てきて個別指導を始めた。今年、家族会の運営から独立し、指導員と保健所に嘱託の人、家族が数名とで運営している。」(宮本めぐみ「東京都における共同作業所の現状と問題点」『昭和56年度 関東ブロック精神衛生センター研究協議会報告書 第26回・第27回 神奈川県立精神衛生センター』pp. 6-9.)と書かれている。

一部文意が不明瞭のところもあるが「長崎リハビリハウス」については、これ以外に文字化された資料が見当たらない。

 

筆者が1986年にこの作業所を訪れたときのメモを読み返すと、創設者(家族会)とスタッフとのあいだでゴタゴタがあったようだ(この手の話は、決して珍しいことではないが)。

だから、多くの作業所で作成している設立・発展の経緯を記した記録などがないのかもしれない。

下の写真は、訪問時にもらった作業所の案内の一部である。

そのとき対応してくれたスタッフは、箱折り作業だけをしている作業所ではなくて、「人間性をひき出す」ため人形劇などを取り入れている、と話していた。

 

下のパンフレットにある「ゆうかり人形狂言座」が、そのことだろう。

家族会との対立があったためだろうか、スタッフのひとりが「本人を治すためには家族がよくならなければならない。家族がダメなら教育しなければならない」と述べていたのが印象的だった。

 

(『「長崎リハビリハウス」のご案内』の一部)

 

上記「長崎リハビリハウス」内のゴタゴタの余波で、そこから分離独立し、同じ豊島区内に1983年2月に設立されたのが「あおぞら作業所」(下の写真)である(なお、「あおぞら作業所」側からみた、この「ゴタゴタ」は、岡上和雄監修『精神障害者の地域福祉ー試論と実践最前線ー』相川書房 [1997年] の pp. 176-177 あたりに詳述されている)。

後発の「あおぞら作業所」の運営組織は手堅く、以下のように記述を残している。

 

「早いものであおぞら作業所ができて2年になります。11人のメンバーと2人のスタッフで始めましたが、何もないスペースに、机と椅子をおき、カーペットを敷き、ペンキをぬりと ひとつずつ皆で作りあげてきました。大変ではありましたが、とても活き活きとして楽しい日々だったとおもいます。大勢の方に応援して戴き また助成金も得て 運営的にも ずいぶん安定してきましたし、それに伴って 二階部分を新たに借りたり、エアコンを取付けたりと設備を充実することが出来ました。こうしてワープロで文章が打てるなんて、感激しています。」(『あおぞら作業所だより』No.6 二周年記念号 1985年2月1日発行)

 

(「あおぞら作業所」、1986年7月23日撮影。)

 

その後、「あおぞら作業所」は、1986年5月に「リサイクルショップあおぞら」(下の写真)を開設する。

当時の様子は以下のように書かれている。

 

「5月14日<水>10:00 あいにくの雨でしたが、『リサイクルショップあおぞら』がOPENしました。(・・・)当日の売り上げは、¥6370- で、まずまずのスタートをきることができました。当分の間は、毎週水曜日10:00〜16:00までお店を開きます。また、各種団体の自主製品も今後、販売していく予定です。よろしくお願いします。」(『あおぞら作業所だより』No.12 1986年6月30日発行)

 

(「リサイクルショップあおぞら」。「あおぞら作業所」のすぐ近くだったと思うが、今となっては、ふたつの位置関係がわからない。)

 

下の写真は「あおぞら作業所」でもらった、パンフレットの一部分である。

作業所の1階と2階、リサイクルショップの平面図が描かれている。

上の2枚の写真と照合したら面白いかもしれない。

 

(「あおぞら作業所」と「リサイクルショップあおぞら」の平面図入りのパンフレットの一部)

 

「あおぞら作業所」はなおも拡大する。

第2の作業所である「あおぞらサンハウス」(下の写真)を1986年3月に開設した。

作業所の会報から、開設当初の様子を抜粋しておきたい。

 

「あおぞらサンハウスは、昭和61 [1986] 年3月3日に開所致しました。あおぞら作業所運営委員会が運営主体となる二番目の作業所で、あおぞら作業所とは兄弟のような作業所です。(・・・)作業は現在、紙器加工(箱折り作業)を個人のでき高払い制で行っています。(・・・)プログラムは、週2回のスポーツを行う他、英会話、習字、太極拳体操などのクラブはあおぞら作業所と一緒に行っています。」(『おあぞらサンハウスだより』No.1 1986年4月25日発行)

 

(「(株)缶工事」の隣が「あおぞらサンハウス」。)

 

ところで、筆者が当時在籍していた大学院(医学系研究科)の授業の一環で、都内の作業所見学が行われた。

受講者が少人数に分かれ、それぞれ指定された作業所を訪問して、後日の授業で報告するというものである。

名前が書かれていないので誰の報告資料かは不明だが(少なくとも筆者のものではない、念のため)、なぜがいまもファイルに保存されている。

当該院生が「あおぞらサンハウス」を訪れたときの感想は以下のとおり。

 

「作業所というと 作業を行うのが中心で 就労を目的とするというイメージがあったので 定期的にスポーツや英会話のプログラムがあるのに驚いた.英会話のプログラムに参加した所 主体的に参加している人が多かった.財政的に余裕があれば いろいろなプログラムを作った方が 単純作業をしているよりも 参加者が自分の可能性を見出しやすくて よいような気がした.実際に作業をやってみた感じでは 単純すぎる感じがしたが 他の参加者がどう感じているかはわからない.」

 

まあ、陳腐だが、妥当なリアクションといえよう。

 

次は練馬区に移りたい。

区内で最初の精神障害者の作業所は「すずしろ作業所」(下の写真)である。

 

(練馬区中村北1丁目の旧教育臨時庁舎の2階にあった時代の「すずしろ作業所」、1986年ころ撮影。)

 

『すずしろ作業所の手引き』(下の写真)に書かれた沿革によれば、この作業所は1980年7月に練馬家族会によって設立された。

最初は民間アパートの部屋を借り、作業所の所長には家族会の会長が就任し、ほかに家族会に所属する患者の母親2人が交代で運営を手伝った。

1981年度からは練馬区の助成金(正式には練馬区精神障害回復途上者通所訓練事業運営費補助金)が受けられるようになった(手持ちの資料だけからは、具体的な金額はわからない)。

また、この手引きには書かれていないが、同年度から東京都の精神障害者共同作業所通所訓練事業運営費補助金制度がスタートし、「すずしろ作業所」をふくむ都内7つの作業所に助成金が交付されている(ちなみに、この段階の「すずしろ作業所」は職員数と通所者数から C ランクと評定され、都から年間160万円の補助金を受けたものと思われる)。

1982年度には、春日町の民家を経て、さらに高野台の練馬福祉会館内へ移転。

福祉会館の改築にともない、1985年6月に中村北の旧教育臨時庁舎へ移転した。

 

(『すずしろ作業所の手引き』、1986年ころに作成されたもの。)

 

この手引きはとてもよくできている。

内容は、

 1. 目的

 2. 沿革い

 3. 作業所では... 1)1週間のプログラム、2)作業について、3)レクリエーションについて、4)行事について、5)給料、交通費について、6)作業所での生活について

 4. 入退所について 1)入所、2)退所、3)再入所

 5. 就職について

 6. 作業所のしくみ 1)運営委員会、2)保護者会、3) [職員名、交通案内、地図など]

と分かれ、それぞれについて、コンパクトに書かれている。

 

このうち、「レクリエーション」を紹介したい。

毎週水曜日がレクリエーションの日と決まっており、午前と午後、週ごとのプログラムが以下のようになっている。   

 第1週 午前:創作 午後:社交ダンス

 第2週 午前:運動 午後:自主活動

 第3週 午前:俳句 午後:俳句

 第4週 午前:カラオケ 午後:創作

 第5週 屋外レクリエーション

 

実は筆者は大学院生をしながら、この作業所の指導員であった時期があって、レクリエーションにはいろいろ思い出がある。

「社交ダンス」というのは、家族会のご高齢の会長の趣味を反映したもので、ふだんはダンスの先生が作業所にやってきて、会長(はダンスのときは意外とシャキッとするのである)ともども指導をするのだが、会長、先生、利用者らとともに、新宿歌舞伎町のダンスホールに行ったことがある。

遠巻きに眺めていただけだが、実にレトロな雰囲気で、とにかく奇妙というか、別世界というか、貴重な経験ではあった。

 

ところが、である。

このような「すずしろ作業所」の80年代の、ごく普通の、プログラムに忠実な、秩序だった、ある意味で牧歌的な状況は、その後、加速度的に崩壊したようだ。

作業所のような小さな職場は、どこもそうかもしれないが、職員の入れ替わりとともに人間関係が変化し、短期間で場の雰囲気も一変してしまう。

 

上述の岡上和雄監修の文献には、「すずしろ作業所」のその後が書かれた部分がある。

1990年代の「練馬家族会との離別」の時代(1991年には「家族会所属の運営委員達が創立者を残して突然総退陣」したという)は、「作業所らしくない作業所の始まり」であり、「変幻自在の安定期」を迎えたと位置づけられている。

だが、見方を変えれば、いわば非日常的な世界に自らを投げ出していったということではなかろうか。

 

それを象徴するのが、噂に聞く1994年のショットバーの設立なのかもしれない。

ショットバー構想は、「メンバーたちが自分たちの店をもちたい、夜も自由に使える場所が欲しい、一人前にグラスを片手に、カウンターで大人の雰囲気を満喫したい、などと思うようになってきた」ことに由来するという。

少なくとも筆者の知るかつての「すずしろ」の利用者なら、そのように「思う」ことはまずないと思う。

これが、利用者層が変化した結果なのか、それとも職員の巧妙な誘導なのか、よくわからない。

同じころ、ショットバーだけではなくて、矢継ぎ早にさまざまな施設を開設し、事業を拡大している。

 

「すずしろ」の「変幻自在」ぶりは一時期「業界」からは注目されたようで、1996年あたりから「業界」のメディア、書籍、雑誌などにしばしば登場している(ネットで検索した結果だが)。

だが21世紀に入ると、「ブーム」は去り、「お祭り」は終わったものと思われる。

背景には、日本の精神保健福祉制度自体が変化し、作業所の「変幻自在」が許されなくなったということもあるだろう。

いずれにせよ、この「変幻自在」の非日常世界に翻弄された利用者(やスタッフ)がいたとしたら、彼ら・彼女らには迷惑な話だったと推察される。

筆者は、近年の「すずしろ」について、作業所の存続自体も含めてまったく知らない。

インターネットの検索の網にもかかってこないのはなぜだろうか。

「すずしろ」にまつわる話はここまでにしよう。

 

次は、やまびこ第2作業所(下の写真)。

この作業所の開設は1984年4月となっているが、「山彦作業所」としてはもう少し古い歴史がある。

「山彦作業所」は、もともと心身(おもに知的か)障害者の作業所として1977年10月にオープンした。

心身障害者の作業所への補助金制度は精神障害者のそれよりもだいぶ早い。

東京都の場合、1970年4月の心身障害児(者)通所訓練事業により、「区市町村又は保護者等が運営する」作業所への運営費補助が行われてきた。

「山彦作業所」もこの補助金制度を利用して運営されてきたのだろう。

だが、「山彦作業所」に「保健婦が精神障害者を依頼してきたことがきっかけで」(上記、宮本めぐみの報告書)、精神障害者の利用が増えたようである。

都の書類には、1981年度からはじまった精神障害者の作業所への補助金制度の交付対象として、「山彦作業所」がBランク(年間300万円の補助金)で登場している。

この時点で「山彦作業所」には知的障害者と精神障害者とが混在していたが、補助金の申請書類上は、明確に分けられていたのだろう。

それが、精神障害者の作業所として、1984年4月に旧北保健相談所跡に移転し「やまびこ第2作業所」(練馬区北町)となった。

他方、「山彦作業所」(練馬区貫井)はそのまま存続した。

 

(「やまびこ第2作業所」、1986年8月7日撮影。)

 

最後になるが、「大泉学園実習ホーム」(下の写真)の設立経緯は、「やまびこ第2作業所」のそれとよく似ている。

東京都の精神障害者の作業所一覧(1988年)は開設を1977年4月としているが、これは知的障害者の作業所として設立された年月である。

東京都から精神の作業所として認可されたのは1986年である。

この年(昭和61年度の)都の「共同作業所別事業計画概要及び審査結果」には、「第二大泉学園実習ホーム」という名称で書かれている。

ただ実際には、「第二」という名称で運営はしていない。

見学してみると、建物の1階が知的障害者、2階が精神障害者の作業所という区分けになっていた。

 

(「大泉学園実習ホーム」、1986年7月10日撮影。)

 

西武池袋線沿線エリアの話は以上である。

シリーズ「東京レトロ」は、たぶん続くと思う。

| 東京レトロ | 10:15 | comments(0) | - | pookmark |
東京レトロ・1980年代の精神医療史 (10) 小平の「あさやけ」と東村山の「けやき会」

久しぶりに、シリーズ「東京レトロ・1980年代の精神医療史」を再開したい。

各地を歩き回ってネタを集めることが困難な昨今の社会状況から、手持ちの資料に頼らざるをえないという背景もある。

 

今回は東京の多摩地区の北部に位置する、小平市と東村山市に注目したい。

「業界」の人なら聞いたことがあるかもしれない「小平・東村山地域精神衛生業務連絡会」というように、歴史的には小平と東村山とがセットとして語られることが多い。

それは、小平保健所が1966年に開設された当初、両市をキャッチメント・エリアにしていたためだろうか。

昔の資料をひっくり返していたら、中澤正夫・宇津野ユキ編『公衆衛生シリーズ 第9巻 精神衛生と保健活動』(医学書院、1985年)の一部コピー(46ページから66ページまで)が出てきた。

そこには、1980年代当時の小平と東村山の「地域の特性」が次のように書かれている(当時の用語をそのまま使用している)。

 

典型的な首都圏のベッドタウン地帯で、西武新宿線を利用すると、都心から約1時間の通勤圏にある。人口は小平市15万人余、東村山市11万人余(1983年1月1日現在)である。この地域には、国立武蔵療養所(精神科)、国立多摩全生園(らい療養所)、都立養育院(老人ホーム)などの公立機関と私立では、多摩済生病院、松見病院、三恵病院、都病院、緊急救護施設あかつき寮、さやま園(精薄施設)、都立養護学校(肢体不自由児)、身体障害者職業訓練校などの医療と福祉機関が渾然一体となって、この地域に存在している。

 

ということで、都心からのアクセスがいい一方で、土地には余裕があったためか大規模な公共施設が集中しているという土地柄である。

小平で障害者の支援活動に長くとりくんできた藤井克徳氏は、上記のさまざまな施設を出たあともこの地域に住み続ける人たちも多いため、この一帯は「障害者の町」といわれ、「障害者が多いため、地域住民の障害者に関する意識をみると、比較的理解があり、あるいは変な異和感をもたないという感じがする」と述べている(藤井克徳「あさやけ第二作業所づくりの動き」『精神障害と社会復帰』3 (2): 37-46 (1983) )。

 

こうした土壌があったためなのか、1976年10月、小平に全国で最初となる精神障害者の作業所、「あさやけ第2作業所」が開所した。

もっとも、いきなり開所したわけではなく、「第2」という名称が示唆しているように、当然ながらその前段階がある。

どこまで歴史をさかのぼるかという問題はあるが、小平に「めざす会」(正式には「障害者の権利を守り生活の向上をめざす会」)が発足した1973年6月が重大な起点となる。

「めざす会」とは、藤井氏の記述によれば、「障害の種別を越えて、あるいは障害の有無を越えて、市民運動体としての障害者の福祉を実現していこう、しかも要求運動を中心としながら学習もしていこう」という組織だった。

また、中澤・宇津野文献によれば、「めざす会」の「会長 M は重度の身体障害者で、「生活をしていくための職場が必要である」という意見を障害者自らが訴えていかなければならない」と主張していた。

今日的にいえば、当事者運動のパイオニア的存在ということだろうか。

 

実際、小平市内の養護学校や身体障害者職業訓練校の卒業生の多くは就職できず、M と交流する人たちが結集し、「めざす会」を母体として1974年6月に身体障害者を対象とした「あさやけ作業所」が開設された。

その後、精神障害者、保健所関係者、病院関係者、地域の精神障害者家族会からの要望があり、「あさやけ第2作業所」の設立に至ったわけである。

 

(あさやけ第2作業所。1986年8月6日、筆者撮影。)

 

小平市小川町の「あさやけ第2作業所」(上の写真)を訪れたのは、1986年の盛夏。

訪問時の自分のメモには「大きい建物にビックリ」と書いている。

この時すでに、精神保健や精神障害者福祉の関係者には名の知れた作業所だった。

当時は、1977年に結成された共同作業所全国連絡会(現在の「きょうされん」)の事務局も同居していたようである。

 

同じ日に、やはり小川町にある「あさやけ第3作業所」(下の写真)も訪れた。

こちらは、第2作業所と同じく精神障害者のためのもので、1983年11月に開所している(これより数年前の1977年に、「社会復帰に近い」利用者のための旧「あさやけ第3作業所」が発足したが、この時は「重い障害者はこちらで軽いのはこちらというような、程度で分けるということは当初のあさやけ作りの理念からしてもよくない」などといった考えから、短期間で「あさやけ第2作業所」に併合することになったという)。

訪問時に聞いた話では、第2作業所は導入部門で、第3作業所は社会復帰部門、という位置づけをしている、ということだった。

2つの事業所での作業内容はだいたい同じで、ホチキス(は商標名とは思うが)の組み立てや縫製などであった。

 

(あさけや第3作業所は、第2作業所と同じ町内。)

 

(あさやけ第2作業所でもらった“運動体”的な趣きが出ているパンフレット)

 

小平市の「あさやけ」の活動は、隣接する東村山市の精神障害者家族会にも影響を与えた。

当時、家族会の会長だった柳山春江(「精神障害者を地域で支えるために」『病院・地域精神医学』第79集 pp. 84-85 (1985) )によれば、「昭和52 [1977] 年4月23日、東村山けやき会(精神障害者を守る家族会)はさまざまの困難を乗り越え、精神障害者の福祉の向上をめざして発足しました。以来月例会を重ね、お互いに励まし合いながら精神障害者者の社会復帰にはどうしても中間施設が必要であるという見解に立ち、要請活動などをして来」たのだが、バザーによる売り上げがあったことに加え、「あさやけ作業所を見学し触発されたこと」などが、作業所設立の誘因となったようである。

 

その後も、家族会のなかに「渉外部」を設けて、お茶の訪問販売などで資金集めを行い、1982年12月の月例会で共同作業所の設立を決定し、東村山駅近く、野口町のアパート3間を借りて1983年1月15日に「けやき会共同作業所(後には、けやき会第1共同作業所)」を開所した。

その後、利用希望者は増え続け、当初の民間アパートが手狭になってきたため、市内秋津町の市有地を借りて新作業所を建設した。

それが、以下2枚の写真である。

 

(畑の向こうに見える中央の建物が、けやき会第1共同作業所。東村山市秋津町で1986年6月11日に撮影。)

 

(畑のわきの道を通って、けやき会第1共同作業所に近づく。いまは宅地化が進んで、畑はないかもしれない。)

 

下の写真は、当時の「東村山けやき会共同作業所ごあんない」の一部である。

そこに「精神障害者に対しての私たちの考え方」が書かれている。

おそらく「けやき会」の文面は、上記の「あさやけ第2作業所」のパンフレットをかなり参照したのだろう。

文面をくらべてみたい。

 

(「東村山けやき会共同作業所ごあんない」の一部分)

 

たとえば、文の最初は;

 

(あさやけ)「わが国における精神障害者の数は150万人と言われ、都内でも15万人と言われています。」

(けやき会)「わが国における精神障害者の数は約150万人といわれています、都内でも15万人、この東村山でも2千人をこえると思われます。」

 

であり、続く文も;

 

(あさやけ)「精神障害者の場合、同じ障害を持つ身体障害者や精神薄弱者に比べ、法律や制度の上で大きな格差があり、年金や手当、福祉施設などの面で多大な不利益を受けているのです。」

(けやき会)「精神障害者の場合 他の障害を持つ人々と比べて、法律や制度の面で、大きくたち遅れており、不平等 偏見を受けているのが現状です。」

 

あるいは;

 

(あさやけ)「これまで精神障害者に対する処遇は「収容主義」の名のもとに病院への入院がその中心とされてきました(・・・)」

(けやき会)「これまで、精神に障害を負ったものは、「収容保護」の名のもとに、長期の入院を余儀なくされ(・・・)」

 

などなど、酷似している。

これを「けやき会」が「あさやけ」を“パクった”と言ってしまうのは容易だが、当時の(そしてたぶん現在にも引き継がれている)精神障害観を共有していたがゆえのことと見るべきだろう。

 

けやき会共同作業所も、「あさやけ」と同じように利用希望者が増え、第2の作業所が求められる。

こうして、1986年4月、市内栄町に開所したのが、「けやき会第2共同作業所」(下の写真)である。

 

(けやき会第2共同作業所。東村山市栄町で1986年8月27日に撮影。)

 

最後に、各作業所のその後であるが、「あさやけ」は 社会福祉法人 ときわ会 の、「けやき会」は 社会福祉法人 東村山けやき会 の事業に継承されているようである。

| 東京レトロ | 11:59 | comments(0) | - | pookmark |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE