近代日本精神医療史研究会

Society for Research on the History of Psychiatry in Modern Japan
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
居ても立っても居られず、沖縄。

沖縄は4度目だ。

今回の旅の目的は、のちほど述べたい。

 

まずは観光(というか街を放浪)的な話から。

県庁近くのホテルをチェックアウトして、県立博物館・美術館へ行こうと思い立つ。

ゆいレール(モノレール)の高架に沿って歩いていくと、鬱蒼とした緑の塊りのような場所があった。

崇元寺公園である。

その塊りはガジュマルの巨木だった。

 

(那覇市の崇元寺公園にあるガジュマル。「都市景観資源」に指定されている。)

 

さらにズンズン進んでいくと県立博物館・美術館に着いた。

開館まで少し時間がある。

近くのマックでコーヒーを片手に、Google Map を検索しているうちに、守礼門という文字に気持ちが動いた。

懐かしい。

切手収集に、それこそ全身全霊をかけていた子どものころ、琉球政府発行の記念切手の値段がとても高かった記憶がある。

投機の対象になったこともあったかもしれない。

守礼門をデザインした切手がその代表格である。

 

博物館・美術館はもういいや、守礼門へ行くしかない、と思った。

マックから歩いて45分くらいで着けそうだった。

何も知らなかったが、守礼門は首里城に通じる道の手前にあるらしい。

ともかく、Google Map を頼りに、首里城方面に向かえばいい。

 

那覇はけっこう坂道が多い。

首里城に通じる坂道を登りきる途中に、首里観音堂というのがあった。

門の脇で密生しているカンノンチクの緑に目を奪われた。

自分の実家にも鉢植えのカンノンチクがあったっけ。

 

(首里観音堂のカンノンチク。「観音竹」の名称はここが発祥という。)

 

坂道をさらに進むと守礼門に到達。

あたりは、観光客、とくに中国からの団体ツアー客(のみ?)で大いに賑わっていた。

守礼門を越えれば、もう首里城である。

城の無料見学エリアだけを散策したが、朱塗りの立派な建物があちこちに。

世界文化遺産というだけのことはある。

 

(世界文化遺産・首里城から海をのぞむ。)

 

さて、ここからが本題である。

沖縄訪問の目的は、「私宅監置施設の保存に関する懇談会」に出席するためであった。

ヤンバルの私宅監置小屋を残していくために、関係者がさまざまな取り組みをしているのだが、その経過報告と今後について話し合うという会である。

 

その会場へは、首里城から再び徒歩。

坂道を下り、サトウキビの畑道も抜けて、50分くらいは歩いたか。

 

数年前にその私宅監置小屋の存在を知ったときの衝撃は、いまでも忘れられない。

その建築物としての価値は計り知れないが、保存には多くの課題があり、壊されてしまう可能性も高い。

そういう危機感が関係者の間にはあり、それがこの会合の開催につながった、と私は認識している。

会合の知らせを受けて、あわてて航空券を手配し、まさに「居ても立っても居られず、沖縄」に来たというわけである。

 

関係者からの報告やフリーディスカッションが3時間以上は続いた。

「負の遺産」などという言葉はいくらでも思いつくし、首里城以上に世界文化遺産にふさわしいと確信しているが、地元の住民や家族の立場を思うと、事情もよくわかっていない「ヤマト」の人間の私が、あれこれ言う立場にはない…と寡黙になるしかなかった。

これから、どのようにこの問題が展開していくのか、精神医療史の研究者の立場から見守っていきたいと思う。

| フリートーク | 17:24 | comments(0) | - | pookmark |
呉秀三・樫田五郎の私宅監置論文(1918年)から100年目の記念イベント

来る2018年3月3日(土)、有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)で、「メンタルヘルスの集い(第32回日本精神保健会議)“二重の不幸”から100年 〜わが国の精神医療がたどった道とこれから〜」が行われる。

同時に、有楽町マリオン11Fの朝日スクエアAで、展示会「精神病者私宅監置と日本の精神医療史」も開催される。

日本精神衛生会の行事予定のサイトでも見られるが、プログラムは以下のとおり。

 

プログラム


午前の部(10:00〜12:00)

 

・主催者挨拶

・来賓挨拶


・映画 夜明け前―呉秀三と無名の精神障害者の100年―(予告編上映)

 

・対談 日本の精神科医療における呉秀三先生の業績
  岡田靖雄 青柿舎(精神科医療史資料室)
  橋本 明 愛知県立大学教育福祉学部教授

  紹介 広瀬徹也 公益財団法人日本精神衛生会監事

 

午後の部(13:15〜16:00)
 
・フォーラム

 “二重の不幸”から100年 〜わが国の精神医療がたどった道とこれから〜

 

シンポジスト

 樋口輝彦 国立精神・神経医療研究センター名誉理事 日本うつ病センター理事長

 山本輝之 成城大学法学部教授

 田中秀一 読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員

 山本深雪 認定NPO法人大阪精神医療人権センター副代表

 柏木一惠 公益社団法人日本精神保健福祉士協会会長
指定討論

 平川淳一 一般社団法人東京精神科病院協会会長

 本條義和 公益社団法人全国精神保健福祉会連合会理事長
コーディネーター

 夏苅郁子 やきつべの径診療所

 藤井克徳 日本障害者協議会代表
総合司会

 池田真理 東京女子医科大学教授


展示会(9:30〜18:00 朝日スクエアA)
精神病者私宅監置と日本の精神医療史

 

以上

| おしらせ | 10:27 | comments(0) | - | pookmark |
第21回日本精神医学史学会プログラム

以下の会期・会場で開催される日本精神医学史学会のプログラムが、学会HPにアップされた。

それをコピペして、お知らせしたい。

 

会期:2017年11月11日(土)〜 11月12日(日)
会場:自治医科大学医学部教育・研究棟講堂
   〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

 


プログラム1日目(11 月11 日 土曜日)


■ 8:55 〜9:00 大会長挨拶

 

■ 9:00 〜 10:00 一般演題セッションA
座 長:大 前 晋(虎の門病院)
A−1 Kleine-Levin 症候群、前思春期周期性精神病、若年周期精神病の近接性について
黒 鳥 偉 作、阿 部 隆 明
(自治医科大学精神医学教室、自治医科大学とちぎ子ども医療センター)
A−2 Schneider K はJaspers K の『Allgemeine Psychopathologie』をどう読んだか
工 藤 弘 毅(東京歯科大学市川総合病院精神科、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室)
古 茶 大 樹(聖マリアンナ医科大学神経精神科学講座)
A−3 ウジェーヌ・ミンコフスキーの同調性概念の射程季;〔餌伽鎖整絣悗蛤本的経験論
佐 藤 愛(立命館大学 言語教育センター)


■ 10:05 〜 11:05 一般演題セッションB
座 長:須 田 史 朗(自治医科大学)
B−1 入院医療費支払区分別精神科特殊治療の比較
──国立武蔵療養所診療録・1956 年『在院精神障害者実態調査』個票を利用して──
後 藤 基 行(慶應義塾大学(PD)、国立精神・神経医療研究センター)
B−2 心理療法における心的イメージとしての「マンダラ」(3)
若 山 須賀子(児玉教育研究所 心理療法センター)
B−3 精神障害者の語りから、精神科における「身体療法」の意味を考える
永 井 義 雄(大阪府立大学現代社会システム科学研究科客員研究員)

 

■ 11:10 〜 12:10 一般演題セッションC
座 長:鈴 木 國 文(松蔭病院、名古屋大学名誉教授)
C−1 英国の「内科全書」(1868) におけるモーズリーによる精神病(インサニティ)
解説について
山 岸 洋(北野病院)
C−2 ミッシェル・フーコーのフィリップ・ピネル批判を巡って(検
高 橋 豊(中央大学)
C−3 J.Grasset(1849 〜 1918)の業績について( その )
小 泉 明(港北病院)

 

■ 12:10 〜 13:20 昼休み

 

■ 13:20 〜 14:20 会長講演
座 長:加 藤 敏(小山富士見台病院、自治医科大学名誉教授)
小児精神医学の先駆者たち── H. Emminghaus とP. Moreau de Tours
阿 部 隆 明(自治医科大学とちぎ子ども医療センター)

 

■ 14:25 〜 15:25 一般演題セッションD
座 長:内 海 健(東京藝術大学)
D−1 Hans Berger 脳波の100 年 ──その浮沈の歴史──
細 川 清(香川医科大学名誉教授、原尾島クリニック)
D−2 用語「精神医学」をめぐって
影 山 任 佐(郡山精神医療研究所顧問(東京工業大学名誉教授、昭和女子大学客員教授))
D−3 ホッヘ、A による『早発痴呆論』
松 下 正 明(東京大学名誉教授)

 

■ 15:30 〜 18:00 シンポジウム 「精神分析運動の歴史」
座 長 松 本 卓 也(京都大学大学院人間・環境学研究科)
S機檻 精神分析運動と女性性の問い
上 尾 真 道(滋賀県立大学非常勤講師)
S機檻 トゥルケ報告、および精神分析運動におけるラカンの位置
ニコラ・タジャン(国立精神神経医療研究センター 成人精神保健研究部)
S機檻 日本の精神分析運動について
西 見奈子(白亜オフィス)
S機檻 ソビエト・ロシアの精神分析
国 分 充(東京学芸大学)

 

■ 18:10 〜 20:10 懇親会 

 


プログラム2日目(11 月12 日 日曜日)


■ 9:00 〜 10:00 一般演題セッションE
座 長:北 垣 徹(西南学院大学)
E−1 「インパール作戦・敵前撤退命令を下した佐藤幸徳司令官への上層部の対応」の考察・・
精神鑑定命令時点における本人の手記を読み解く。
栗 本 藤 基(医療法人藤樹会 滋賀里病院)
E−2 フランス植民地医療におけるブリダ精神病院の位置
20 世紀中葉アルジェ精神医学派の展開を中心に
松 本 智 憲、松 本 卓 也(京都大学大学院人間・環境学研究科)
E−3 英領ナイジェリアにおけるアサイラムと曖昧な植民地主義
落 合 雄 彦(龍谷大学法学部)


■ 10:05 〜 11:05 一般演題セッションF
座 長:生 田 孝(聖隷浜松病院)
F−1 ジャック・ラカンの身体論の変遷──鏡像段階の生成からイメージなき身体へ──
山 雅 広(京都大学大学院人間・環境学研究科)
F−2 フロイトにおける言語への注目の成立とその展開
山 田 修 平、松 本 卓 也(京都大学大学院人間・環境学研究科)
F−3 ベルリン精神分析インスティテュート──その繁栄と実態──
藤 井 あゆみ(大阪大学CO デザインセンター)


■ 11:10 〜 12:10 特別講演
座 長:阿 部 隆 明(自治医科大学とちぎ子ども医療センター)
統計の考え方と日本の文化
永 井 良 三(自治医科大学学長)


■ 12:10 〜 13:10 昼休み


■ 13:10 〜 13:40 総会


■ 13:40 〜 14:40 一般演題セッションG
座 長:古 茶 大 樹(聖マリアンナ医科大学)
G−1 日本の子育てをめぐる問題への対応についての歴史(4)
──平安時代(世俗文献から)──
中 山 浩(川崎市こども家庭センター 児童精神科)
G−2 沖縄精神医療史研究の再検討 公文書にみる精神病者
橋 本 明(愛知県立大学)
G−3 私宅監置論文発表100 年記念をまえに
岡 田 靖 雄(青柿舎(精神科医療史資料室))


■ 14:45 〜 17:15 シンポジウム 「精神医学と優生思想」
座 長:鈴 木 晃 仁(慶應義塾大学)
S供檻 優生学──ユートピアから絶滅へ──
中 谷 陽 二(筑波大学名誉教授、クボタクリニック)
S供檻 精神医学史の中の優生学史
小 俣 和一郎(精神科医・精神医学史家)
S供檻 優生学史と精神医学史
市野川 容 孝(東京大学)
S供檻 文化精神医学史と優生学
大 塚 公一郎( 自治医科大学)

 


以上

| おしらせ | 18:54 | comments(0) | - | pookmark |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE